石門めぐり

2002.11.4

晴れ渡った秋晴れがまぶしい。

妙義山は標高は低いが、その山塊はまるで中国を思わせる。
坂になっている車道を歩きやっと登山口に着く。


標高は約860メーター

登山開始から、いきなりハイライトと言う感じだ。
逆側から登ったほうが良かったのではないか、と言うくらい凄い岩壁だ。

その岩壁を登ると、展望が開ける場所がある。
眺めというよりも、岩の造形が面白い。
本当に中国の桂林みたいだ。

妙技神社がゴール。
そこから駅までが遠かった。
それから軽井沢まで行く。
軽井沢で、すき焼きなどのご馳走をたらふく食う。

明日も山を登るよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中