秋の雪化粧

2002.11.5

浅間山の後ろに隠れているのが、この浅間隠山(1757m)。

登り始めてから、雪がちらついてきた。
標高が上がるにつれ、積雪が多くなる。
少し息も切れてくる。

少々寂しい山頂に到着したが、異様に寒い。
手がかじかむので、やはりちゃんとした装備をしていったほうが良い。

とりあえず風景を堪能する。


遠くに見えたこの雪山は何という山だろうか?

頂上は風は無いがとても寒い。
しかし、展望が良く遠くまで良く見える。

今回の登山は、下山が楽しかった。
標高があるところでは、雪でつるつる滑りながら降りてきたのた。

しかしそれをクリアすると、下のほうはまだ紅葉していた。
雪もやみ、木漏れ日が差す。
コルを抜け、平坦な道を沢に沿って歩く。

まだ秋の景色だ。

登山終了間近にまた雪が降ってきた。
やはり長野は標高があるので、東京と比べれば寒いのだ。


雪がちらついてきた

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中