極寒の地へと

2003.1.11

極寒地帯。
まさにこの場所はそう呼ぶにふさわしい。
北海道は、積丹半島をトレックしてきた。

青い空が広がったと思ったら、分厚い雲が掛かったり天候はめまぐるしく変わる。
沖に見える岩の上にアザラシやラッコがいるのだとか。
まあ、そんな所だ。


目の前に見えるのが積丹半島とカムイ岩

雪が積もる海岸線を歩く。

ここでは、アメマスやサクラマスが釣れるみたいだ。
オオワシなどの猛禽類なども飛んでくるみたいで、大自然がそのまま残っている。


いいサラシが出てる

じっとしていると、体が凍るようだ。
岬の先端にあるレストハウス。そこで温まる。
「アザラシの調査ですか?」
それだけ真冬の岬へ、足を運ぶ人が少ないと言う事だ。


冬でもシャコタンブルーが出てる

短い夏は、ここは別天地。
人がわんさか来る。

帰りがけに、バンを運転していた人に声をかけられる。
「良かったら乗っていく?」
ラッキーなことに宿まで送ってもらった。
この方は近くでカレイを釣っていたらしいが、さすがにスズキは居ないらしい。

市街地でもそうだったが、北海道の人は良く声をかけてくれる。


ニセコでパウダースノーを楽しむ

ニセコでのスキーは、久々ということも有り結構転んだ。
雪質はやわらかいパウダースノーだが、慣れていないのか逆に足をとられる。
そのぶん転んでも痛くないけどね。

北海道はデカい!寿司ねたもデカい!

げに小さきは誠に人間なりき。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中