ディスタンス

2003.3.28

今回は1人で千葉の湾奥エリアまで釣行。
先週居た群れが、まだそこに居るかもしれない。

スズキという魚は、基本的には夜行性の魚だ。
なので釣行は、日が落ちてからがメインと成るのだ。

前回に得た知識で、どうも風があって波が高い時のほうが、釣れやすいと思った。
岸際にザブザブと波が当たっているシチュエーション。
今日もこのシチュエーションだ。行けるかも。

だが、魚の反応は無い。
諦めかけたが、もっと沖のほうを攻めてみようと言う事で、ルアーをDコンプレックスというミノーにチェンジ。
このルアーはその細身のボディと多少の重みで、向かい風でも飛距離が出せるルアーだ。
そいつを沖の方にブン投げる。

別に沖の方に投げたからではないかもしれないが、魚がヒットした。
足元まで寄せたが、今回はランディングしてくれる人が居ないのでハンドランディング。
無事魚の口に親指を突っ込み抜き上げる。


粘って釣れた

サイズは小さいが上等だ!
やはり、先週の魚が少しは残っていたのだろうか。

釣れたのは良いが、このポイントはウチからかなり離れていて通うのが大変なんだよな...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中