雲の上の庭園

2003.8.29

 

北アルプスの中心部。雲ノ平。
ここはまさに別天地、楽園と言っていいだろう。

3日間を使い、30キロ以上もの距離を歩く。
そこにはいろいろな名の庭園が広がっている。

日本庭園、スイス庭園、アラスカ庭園、ギリシャ庭園。
周りは3000メータークラスの名峰が連なる。
その中心部にたどり着くためには、いくつもの峠や沢を越えなくてはならない。

8月は天候があやふやで、なかなか決行のタイミングがつかめない。

1日目の天候は良く晴れてくれた。
雲ノ平の手前の沢にある、薬師沢小屋まで行く。
イワナやヤマメを狙う釣り人が、多数泊まっていた。

夜明け前、この沢から一気に高度を上げ、メインの雲ノ平へ。
樹林帯の急登でその斜面が緩くなると、最初の庭園のアラスカ庭園となる。

少し天候が怪しく成ってきたが、やはり素晴らしい景観だ。


庭園ゾーンでは遊歩道がある

道の脇には、チングルマなどの高山植物などが咲いている。
遠くに見える雲ノ平山荘の赤い屋根と、その向こうの白い山とのコントラスト。

登りはじめからチラチラと見えていた水晶岳は、名前の通り美しい。
歩くたびに周りの景観が変わる。
その景観はどこまでも広大だ。


水晶岳

いくつかのガレ場を越え鷲羽岳に上る。


鷲羽岳の稜線

見晴らしの良い稜線がずっと続いている。
この辺から、少し霧が出てきた。
せっかくの頂上ではこのガスのせいで、槍ヶ岳の景観は見えなかった。
暗くなってきたので長い長い稜線を下り、三俣山荘に急ぐ。


鷲羽池。雲が無ければ凄い風景なのだけど...

3日目の朝目が覚めると、外は物凄い嵐だ。
吹き荒れる突風と豪雨が行く手をさえぎる。

山の天気は変わりやすいものだ。
それでも今日中に下山しなくてはならない。
すこし怖いが、目的地のゴールまで黙々と歩く。


何も見えない

この日はほとんど景色も見えず、ただ歩いているだけであった。
しかし、無事に下山できて何よりだ。服や靴の中はびしょびしょになってしまった。
冷え切った体を温泉で温める。

山の方を見ると、そこだけ雲が掛かっている。どうも雨が降っているのは、山の上の方だけらしい。

それにしても相当な距離を歩いたことになる。
別天地への近道は無いのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中