プレッシャー

2003.10.25

週末、茨城大洗に遠征釣行。
台風が近づいていることもあり、海はかなりしけてる。

サーフ、河口、港と明るいうちに見ておく。

夕方近く、さすがに土曜日ともありアングラーが増える。
やはり投げ釣りが多い。
もちろんルアーもいる。


とにかく風が強い

満潮時、海からの東風が強くサーフエリアでの釣りは危険だ。
河口部を見ると、暗闇の中に高く上がった波が川に入り込んでいるのが見える。
これは、怖い。
魚は、あれでも川に入ってくるのだろうか?

アングラーがさらに増え、海門橋の上からも竿を出してる人がいる始末。
東京湾と比べ海は荒れ放題。

ずっと、那珂川河口でキャストするも反応無し。
それと今回、新調したニューロッドの”ダイワ シーホーク”。
コイツはとても軽く、ルアーウェイトが28グラムまで投げられ良く飛ぶし、実に良い竿だ。

河口と言っても、ほとんどサーフ。
案の定、長靴の中に水が入る。
やはり、ここはウェーダー必着だ。

アタリも無く、今度は反対岸へ。
アングラー多く、コモモなどを橋げたへ狙うも反応なし。

仕方なく、那珂湊漁港へ移動。
ここは、釣り人が少ない。先端の灯台下へ。

いつものパターンでテトラに乗り、流れがあるところへキャスト。
いかにも来そうだと思ったら、グン!と当たりがある。
すかさず合わせ、エラ洗いをかわし、ランディング。

まあまあの引きで、まあまあのサイズ。
グースに50センチ(朝フック変えといてよかった)。


遠征して初めてのシーバスだ

その後、いろいろ探るが反応なし。
で、また那珂川河口に行くがかなり潮が引いてる。
流れもすごい。

ここでは、バイトも無く足もびしょびしょでジエンド。
(プレッシャー高いのと、狙ってる場所が悪いのか。もっと川中心に届けば…)

釣ったフッコは、家に持ち帰って食べた(鰓から血が出ていたので)。
自分で釣ったものだから旨い!

正直、釣れなかったらどうしようかと思っていた。
サイズ小さかったけど釣れたので救われた。
一応ノルマ達成。

今回は、人がいないエリアに思い切って移動したと言うことが、釣果に結びついたのかなと思う。
(て言うか、大潮だから釣れてあたりまえだろ)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中