Wリバー

2003.11.13

ここ最近、寒くなってきましたね。
湾奥のシーバスはまだ行けると言う事で釣行。
今日のテーマは満潮前は旧江戸川で、満潮後の下げから若洲で爆釣!という計画。

旧江戸川のポイントは、とりあえず葛西臨海公園わき。
前行った時、かなり大きいバイトがあったし、ここは何といっても足場がよい。
ポイント絞りは、水門と角の潮目狙い。

餌師が角に居たが暗くなってきたのか居なくなり、貸切状態で角から潮目を狙う。
暗くなるのが最近早い。
鴨などの水鳥も増え、やはりもう冬なのだろう。

潮目に何回かキャストしてるうちに、グン!という当たり。
(この心地よい当たりが、やめられないんだよね)

やはり、居たか!
エラ洗いをかわし、ランディング。
まあまあのサイズ55センチ。
このポイントで初めて獲れた、貴重な1尾だ。


ナイトレイドで

後が続かず、潮どまりかなと思い少し休む。
携帯電話で潮汐を確認すると、満潮の時間を間違えて記憶していたらしい。
もう下げてから40分位立っている。
急いで荒川河口へ移動する。

河口に着くと、すでにアングラーが数名居るではないか…。
仕方なく余り人のいない所へ歩く。

前に、ここは絶対釣れそうだというポイントがあったので、そこでやることにした。
だが、かなり歩く。まあ寒い時は体が温まるのだけど。

やはりいかにも釣れそうだ。流れ方といい月の微妙な明かりといい。
とりあえず、ここでキャスト。

この場所もテトラ帯で、大波が来そうで少し怖い。
何投かしてると、後ろからいきなり「釣れますかー?」
と来たのでびっくりし振り返ると、後ろに上下完璧装備のシーバサーが居た。
「もう少しで、大波が来るの気をつけた方が良いですよ。」との事。

すると本当に、大波が来たので急いで逃げる。

その後、波が静まるまで少し話をする。
彼は、シーバスが好きで葛西にまで引っ越してきてしまい、今では仕事が終われば時たま釣りに来る。
羨ましい…。

紳士的な彼は、昨日もここで60アップを3、4本取ったらしい。
「今日も、そのくらい出そうだ」と言われ、腕に力が入る。

しかし、いろいろルアーをキャストするも反応無し。
仕方ないのでバイブで、少し沈めると、やっとバイト。
40センチを上げるがその後は反応無く、しびれを切らせ少し移動するもぜんぜんダメ。


ルアーはトップシーアミ

戻ると、彼は64センチを上げたとの事。
「食いがいまいちだったので、ルアーのサイズ落としたら、ピックアップ時に食った」との事。
時間が遅くなるので、彼に礼を言って撤収。

12月、1月は湾奥はかなり厳しいとの事。
でも、まだまだ行けるぞ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中