期待感

2004.3.4

どうしても、前のバラシた時の事が悔しくて今日も釣行した。
今回はPEラインではなくあえてナイロンラインでやることにした。

現場は北からの風が強く、たまに雨が混じる。
ここでは珍しい少し荒れ模様。
だが、大潮ということも有り潮が満ちている。
しかも濁り交じりで波っ気が有るから、いかにも釣れそうだ。
とりあえず、サーフ部を一通りチェックする。
なかなか良い感じだ。

しかし、どうしても前ばらした堤防から魚を釣り上げたかった。
そこですぐに堤防に行くと、ゼロ側はかなり荒れてるし風が強い。
それに比べサーフ部は、堤防が有るせいか穏やかに見える。

風があるので、バイブなどの重いルアーを投げる。
ナイロンラインなので感度は落ちるがバイトなどの反応がある。
反応があるのだが、なかなか乗らない。
潮が満ちているので魚も寄ってきていることは確かだが。

夕マズ目にやっとバイトがあり、危なっかしくタモ入れし65を上げることが出来た。
久々のスズキサイズで嬉しい。
立て続けに抜き上げサイズもヒットする。


ずいぶん痩せていてあまり引かなかった。

その後、バイトはあるもののなかなか乗らずどうもワンパターンになるため移動する事にした。
(この堤防からの釣りは、どうもゼロ側にしか反応しないのはなぜだろう?水中を見てみたいものだ)

サーフ部も攻めてみたかったが、かなり引いていたので仕方なく茜シャローをチェックする。
風が弱まったせいか波っ気も無く透明な水面だ。案の定ここはまったく反応無し。

次の日は早いので、撤収することにした。

とりあえず、釣れたので良かった。やはりナイロンラインの方がキャッチ率は高いのだろうか?
しかし釣りは難しいなぁ…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中