春分の日

2004.3.20

昨日は雪が降り、これでも春分の日か?と思ってしまうほど寒かった。
しかし今日は昨日と違い暖かく行楽日和だ。
そんな中、連続坊主が続いているので今日こそはと釣行。

大潮という事でまだアタリの”ア”の字も得られていない若洲周辺に行くことにした。
現場はさすがに暖かな日曜日ともありアングラーがパラパラと居る。
状況的には、風、潮色、波とすべて良しでいかにも釣れそうな感じだ。
風が南東からの沖の風で多少波っけがあるが、スパイク付き長靴を履いているせいでテトラの上でも滑らずふんばれる。

下げてから1時間後、シャローランナーのフィードにあたりがある。
スズキらしい強い引きが手元に伝わる。
しかし寄せきったところで軽くなりバラシてしまった。
また来るかと思い’前テトラ’が水面から出るまで粘ったが反応が無い。
やむなく先端部へ移動することにした。

先端部も数名のアングラーが陣取っていて、仕方なく中途半端な場所で竿を振ることにした。
この辺はテトラも大きく波も荒れてるので少し恐怖感を感じる場所だ。
おまけに月明かりが無いときは少し薄暗い場所なので危険かもしれない。

それが良かったのかどかわからないが、数投していると岸際付近でヒットする。
寄せるも重く、なかなかうまくいかないので、網を最大に伸ばしラインブレイクだけはしないでくれよと祈りながら何とかネットイン。
上げる時はかなり重く、これは70アップかと思いきや68センチの良型。


シャッローランナーのフィードで

その後なかなか良い感じなのだけど反応無しで、早めにあがることにした。

帰り道、片手にスズキを持ったアングラーを見つけたので声をかけてみた。
彼も同じように岸近くでヒットしたらしく、70アップは初めてなので記念に帰って食べるそうだ。
埼玉県から車で1時間かけて釣りに来ているという。
今日は潮周りも良く結構上げたらしいが、途中かなり大きな魚をランディング時にバラシてしまったみたいだ。
やはりシーバスはテトラに潜ったり暴れたりと、ランディングの時が1番難しいものだと苦笑していた。
それから釣りの事などいろいろ話して別れた。

もう春だとはいえ、帰りは少し寒かった。
まあ今日は、少し収穫があったと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中