富津の海鼠

2004.5.1

GW始めという事で、前日の夜から千葉の富津方面へ遠征。

朝方に、富津の大貫漁港に到着。

高さ56mある東京湾観音が見えるきれいな砂浜のある漁港だ。

朝日が出て辺りは明るくなってしまったが一応マズメを狙う。
潮が引いてしまっているのでやはり満潮がらみの夜からが良いなという事で、一旦車に戻り仮眠。


やはり東京湾に比べ綺麗だなあ

 

起きると南風が強くなっている。
サーフできれいな海に向かってジグなどを遠投すると気持ちが良い。
これでガツンと来れば最高なのだけどそうはいかない。
さらに風が強くなってきたので、釣具屋でイソメを買い、ある程度水深のある港湾部へ移動し餌釣りをする事に。

 

港湾部も風が強いので、仕掛けを足元に落とす。
最初のわりと大きなあたりをバラすも、シロギス、ウミタナゴ、メバルが釣れた。
DSはヒトデとナマコ(気もち悪くてさわれない)をボウズ逃れで上げた。

 


何じゃこりゃー!

 

マズメ前に堤防の先に移動しメインのシーバス。
干潮の潮泊まりが8時位なので時合いが短い。
少々荒れた海は藻がすごく発生していて、ルアーを引いてくると藻がくっついて来てしまう。

 

仕方がないので急いでポイントをシャロー部に替える。
ここはいかにも釣れそうな雰囲気がするので、「出るか?」と思うが、やはり干潮時ということも有りかなり引いている。
夜光虫はさすがに出ていなかったが、潮泊まりでジエンド。
あたりも無かった。

帰りのすし屋でスズキを食べている時、「そう言えば富津遠征は3回目だな」と思い、腕の悪さを痛感する。
(潮周りも悪かったしな)
しかしまあ、何度もトライする事が次のステップになると思う今日この頃だ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中