座布団4枚

2004.5.27

小潮ということもあり、最近は開発が進んでいる謎のサーフへ釣行。

干潮からのスタートだ。

風が南東の心地よい風で、ここの場所らしい波っ気だ。

潮の色は黒っぽいダーティーな色で夜光虫が無し。

ティーザー効果を狙うため、BB用のポッパーで堤防の脇を引く。
しかし潮が引いていて足場が高いので、ポンピングするとルアーがジャンプしてしまいあまりうまく行かない。
すかさずヴァイブに替えリトリーブするとまさかの1投目からのヒット! しかしエラ洗いでばらしてしまう。

 

しかたなく岸の際を狙うと、着水後に引っかかったので根がかりか?と思いきや生命反応がある。
なにやら結構引くがシーバスではないらしい。
足場が高いので何とかタモに入れて抜き上げると、頭にスレがかりしたマルタのランカーだった。

 


でかいマルタだ

テクトロするとショートバイトがあるが乗らないので、普通にキャストしリトリーブしているとやっとアタリが有り魚が乗った。
エラ洗いしたのでシーバスであったが、結構引く。
足元でもかなり暴れていて、サイズも良く見ていてかっこよい。
しかしランディングは足場が高く、網を伸ばしてぎりぎり届くぐらいだ。
なかなかうまく行かず最後は網に入ったかと思いきや、魚は網の外だった為、魚だけボチャンと下に落ちた。
(言い訳ではないが、本当に足場が高くて難しいぞ!悔しいなー!)

悔しくて同じ所を何度も攻めていると、ググンとアタリがある。
なにやらかなり思い引きだ。
もしかしてこれは?と思いきや、どうやらエイらしい。
かなりの重さと引きで、苦労してランディング。
ヒレにスレがかりしていた。
しかしこいつにだけは触りたくないよなと思い恐る恐る逃がした。

 


これは怖いです

 

気を取り直しルアーをラパラに替え、岸際の角を通すとすかさずヒット!

エラ洗いしたので今度は失敗しないように落ち着いてやり取りするも、こいつも結構引きやがる。

網を持ちながらリールのハンドルを巻くので大変なのだ。
何とか網に入ってくれたし、先のにのまえにはならなっかたので救われた。

 


よっしゃCD9

 

ヴァイブでリトリーブしているとなにやらアタリが有るので最初は何かと思ったが、それはエイであることが分かった。
3回ほど今までにない引きというか”かなりヤバイ引き”とでも言うのか、ともかくものすごい。

何とか寄せるのだけど、またドラグを出していく。
それの繰り返しで10数分格闘し、足元まで寄せると「何じゃコリャ!?」というほどでかくて怖いエイが足元に現れる。
網に入らないのでルアーだけ引っ掛けて何とか取れた。
だが、もう一回かけてしまったものは”もうどうすることも出来ない”というほどガンガン足元に潜りる。
竿はミシミシ言うは、リールはジージー言うはで、もうダメ。
あきらめて思いっきり巻いたら切れてしまった。

 

 

たぶん沖のほうはエイだらけだと思い、また岸際の角に投げる。
ボチャンとキャストに失敗したが、すぐヒットですぐエラ洗いしてバラシ。

干潮だと足場が高くランディングが大変なので、その辺が課題になってくるのかね。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中