モルゲンロート

2004.8.12
蝶ヶ岳のヒュッテで夕方の天気予報に、登山客が歓声を上げた。
明日の長野県全域の天気は、高気圧に覆われ快晴らしい。

1日目の朝は何とか晴れているといった感じだった。
沢沿いを常念小屋を目指し登ってゆく。
高く見える山は何の山なのかわからないが、メインのアルプスはその向こう側に広がっているみたいだ。
上流から流れて来る沢の水がとてもきれいだ。
下山してくる対向者から「あと少し」と言うが、なかなか展望が開けてこない。
ようやく最初の目的地である常念小屋に到達し、展望が一気に開けた。
その小屋の後ろ側には槍ヶ岳が聳え立っていて、疲れを忘れさせてくれる光景が広がっている。
槍ヶ岳をまじまじと見たのはこれが初めてだったので、苦労して登ってきたせいかかなり感動した。


しかし、その感動も雲によってかき消されてしまった。
またもや、ガスがはっせいしてきたのだ。
とりあえず一瞬の光景であったが、これ以降この日は雲が取れなかった。

さらに常念の山頂まで目指す。
その眼下を見下ろすと広大なアルプスの景色が広がっていて、音も全く無くまさに心があらわれると言った光景だ。
それしか言いようが無い。

だがそれと比例して、岩場の急斜面はかなり体力を使う。
山頂で雲が取れないかとしばし待つが、一向に取れない。
ここではすごいパノラマが期待できた分だけ残念だ。
山頂から稜線にかけては、穂高連峰が一望できる。
だが、雲がかかっていて、その山肌を見ることはできなかった。


常念岳

最初は、甘く見ていた常念から蝶が岳への縦走はかなり長く、とても疲れた。
峠をいくつか越え、やっと蝶が岳ヒュッテに着いた頃は夕方だった。
朝から11時間歩きっぱなしであった為、足はがくがくだ。
食事をし(晩飯はウナギだった)夕涼みをし外に出てみるが、雲はまだある。
他の登山者は、昨日もその前も雷雨があったが、今日は無かったのでまだ良いほうなのだろうと話していた。

2日目の早朝外に出ると、見事な雲海が広がっていた。
上空は雲ひとつ無い晴天で、一夜にして昨日の雲が全部はけたのだ。

朝日が昇ると共に、後ろに聳え立つ穂高連峰が、徐々に赤く染まってゆく。
これもすごい光景で写真を撮るのが忙しい。

赤く染まる穂高実は今回の山行はこの光景を見る事が目的だった為、非常に幸運だった。
この景色を目の前にしながら食べる朝食は、いくら賞味期限切れのおにぎりでさえ、贅沢なものになってしまう。

蝶が岳を下山し、次は穂高の中心部にある涸沢カールへと向かう。
それにしても天気がよく、まさに山行日和だ。
涸沢へ行くコースは、日本とは思えない美しいルートだ。
むき出しの巨大な岩肌や、豪快な山の斜面、その間を流れる水色の沢、木漏れ日。
どれを取っても文句のつけようが無い。被写体だらけだが、時間に余裕が無いので先を急ぐ。

涸沢カールは360度山に囲まれていて、ここから穂高岳に登るスタート地点と思うと、この山に登るのはかなり大変なのだろうと思う。

徳沢へのパノラマコースは、名前のとおり景色はすごいが、道もすごい。
崖有り、岩場あり、猿有り。
しかもこいつがかなり長く、ふもとが見えるのになかなか着かない。
日差しもかなり強く、下り道と言っても岩場なのできついのだ。
テントを担いだ登山者が居たが、登りは地獄だよ。

何とかゴールの上高地に着いたのは良いが、体は筋肉痛と日焼けで所々痛い。
3日かけるコースを2日間でやったから仕方ないが、久々に疲れた。
コンクリートの道がなんて歩きやすいのだろうと思ったくらいだ。
それにしても北アルプスは素晴らしい所だ。
写真で表現する事なんて到底出来ないな。
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中