先駆者達

2004.8.23
夜明けと共に剣山荘を出発し、剱岳山頂にアタック開始。
昨日の霧はまだ取れていなく、薄暗い中の山道の先に、微かに見える山陰を目指す。

一般登山道では難所中の難所に入る剱岳。
同じように山頂を目指す登山者の中には、ヘルメットにヘッドランプという容姿が緊張感を誘う。
まるでこの先、何が待ち構えていようかタダナラぬ気配が漂っている。
しかしそれは日の出と共に消えた。
前を見るといきなり渋滞していたのだ。

 

団体さんのグループがワイワイガヤガヤやっていて足止めを食らった。
まあペースメーカーに成ってくれているし、先頭のガイドの人があれこれとアドバイスしている。
それと同じように登っていけばいいのである。

剱岳は山頂までに一服剱、前剱、剱岳と山を超えていかなければ成らない。
しかも所々は難所だらけで、毎年数名ががけ下に転落して命を落としている。
転落の他に落石が落ちてくる場合もある。
もちろん自分が落石を落としてもいけない。
そう言った難所は3点確保で慎重に進んでゆく。

しかしこれが、単純に登っていて楽しいのだ。
前日の立山は標高3000メーターの高さだが、単調だけに何の面白みも無い。
一方の剱岳は岩壁有り、鎖、ハシゴ、ガレ場と、体全身を使って登ってゆく感じだ。

85度のタテバイは、何が怖いかと言うと壁の途中で待たされるのが怖い。
下を見るまいと思っても見てしまう。
落ちたら地獄行きなのだ。
そんな箇所がいくつも有り、やっと頂上が近づく。


手ごわい壁だ

頂上へ着くと霧もいくらか取れて、富山湾や白馬岳などが見える。
他の登山者も歓声を上げているので、余計に達成感を味わう。

それに同じ目線で見える、白馬や鹿島槍ヶ岳の向こう側は、春先にスキーやスノーシューをやった場所。
なるほどこちら側はこうなっていたのかと感心する。
富山側の北方稜線側はかなり危険らしく通行止めになっているが、今回は縦走ではなくピストンをする。


富山湾が見えるよ

下山道は来た道と少し違う。
岩場だけに行きと帰りが一方通行なのである。
もちろん下りも難所だらけでまた渋滞が続く。

よく見ると岩壁にアリンコの様に人が張り付いている。
渋滞の原因がこれだったのかと、そこにすごい光景が広がる。

それにしても剱岳はでかくて格好が良い山だ。
名前も「剣」ではなく「剱」としているところが渋い。

今から何十年も前に、日本陸軍が三角点を打つために、何日もかけて登ったのが初登頂とされている。
しかし今では先人によりルートが定められて、一般の人でも登れるようになったから有り難い。


剱沢

また剣小屋を通り、豪快な剱沢を越え、また立山方面へ。
立山に着くころに雨が降ってきた。
タイミングが良いと言うか悪いと言うか、とりあえず登っている時に雨に降られなくて良かった。
悪天候だったら、剱岳登頂は危険な為に断念するしか無かったからだ。

渋滞や撮影で少し予定を狂わせたが、下山は思っていたより早く、難なく室堂に到着。
今回思ったことは、もちろん自然のすごさを感じたが、それ以上に人間の凄さにも感心させられた。
客観的に見ての岩壁に挑む他の登山者もそうだが、それを最初に登ったり、鎖やハシゴを取り付けた人。
もっと言えば、ここまでにく来る交通機関(例えばケーブルカーやトンネルなど)を建設した人。
それにやはり黒部ダムの建設だろう。

これからも人間は美しいもや豊かなものを求め、血を吐くような努力をし、未来の人間に夢を託すのであろう...なんてね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中