ツバメが舞う

2004.9.3
バックパックをよっこらしょと担ぐ。
さすがに6食分の食料が入っているので肩にずしりと重い。
沢沿いで一呼吸入れた我々は重い腰を上げ、目的地を目指してさらに高度を上げる。
とは言っても、何なんだこの沢は。
まるで先が見えてこない。

はるか遠くに岩壁があるのだがなかなか近づいてこないぞ。
体力ばかりが消耗する。
全く冗談も出てこないぜ。


スタート時の明神岳

空は見事な快晴だが、山の天気は気まぐれなので、いつ天候が変わってもおかしくない。
標高は2000メーター。
後1000メーター弱あるかと思うと、足が進まない。
それでも足を前に出さないと、目的地には着かないぞ。
ああ苦しいし、しんどい。

いつの間にか風景全体が変わっていた。
足元ばかり見ていたせいか、まるで紙芝居をめくった様に風景が差し替えられていたのだ。
「あれはもしや?」と、ふと足を止めた。
右手上部に、とがった物があった。

こんなに間近で見たことが無かったから、最初それが何なのかわからなかった。
しかしそれが槍ヶ岳だと確信できた。
道標に槍ヶ岳1キロとあったのだ。
ここまで登って来て約20数キロ。
こいつが見えた時は、今までの疲労が一気に吹き飛んだ。

感動と共にラストスパートをかけた。
とにかく早く天辺に着きたかった。
それにしてもここは静かなところだ。
沢を流れる川の音も消えたし、風も全く吹いていない。
音がするのは遠くに聞こえる人間の声と、飛行機の音だけだ。
後は無音。
たまに上空をツバメが飛んでいる。
なんと言うツバメかわからないが、多分ツバメの仲間だろう。

余分な荷物をヒュッテに預けいよいよ穂先にアタック開始だ。
やはり幾分ガスが出始めている。
途中に「小槍」があり、歌にも「アルプス1万尺、小槍の上で...」とあるが、こんな上でダンスなんか出来るか!と思った。

ガイドでは難所とあったが、剱に比べればどうってこと無い所だ。
楽勝。

いよいよ最後のハシゴに手を掛け、頂上に上がる。
エックスランダーは3030メートルを表示し、とうとう槍ヶ岳の頂上に立った。
この日だけは天気が良かったので、ツイていたのだろうな。
もちろん360度のパノラマだ。

常念岳が見えるそれにしても何と狭い頂上なのだろう。
畳で言うと10畳ぐらいか?おしくらまんじゅうで下にでも落ちたら一巻の終わりだぞ。
それを笑うかのようにツバメは自由に空を舞っている。
少し寒くなってきたのでヒュッテに戻ろう。


向こう側は大キレットだ

一夜あけたら予報どおり雲の中だ。
予定を大幅に変えるしかなかった。

雲に隠れる笠ヶ岳下山終了の新穂高温泉でバスに乗り込んだときは、バケツをひっくり返したような雨が降ってきた。
こんな時にも稜線を歩いている登山者が居るのだろう。
ツバメも飛べないだろうな。
何はともあれ無事に目的を果たせたから良しとするか。
本当は引いた絵も欲しかったのだが。
それにしても3泊4日のコースを2泊3日にし、それをさらに1泊2日のコースにし、1日目でピークに達したのだ。
まあ、どうでもいいことだけどね...

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中