遠い雷

2004.9.22

前線が見事に本州の中心にかかっている。
その影響で予定していた事が延期になり、仕方なく又竿を持って出撃した。
本当は川でやりたかったのだが、潮周りと風向きから見て、結局千葉にポイントを決めた。

 

現場に着くと南からの風の影響を受けて波が高い。
運河を見ると、排水口にイナッコが沢山群れている。
とりあえずまだ明るいので壁際をテクトロすると、フッコサイズがヒットするがエラ洗いしてフックアウト。
気を取り直し河口へ行く。
現場の写真を撮ろうとカメラにスイッチを入れるが何かおかしい。
モニターが移らないのだ。
魚が釣れると、その手で触ったりしているから壊れてきているのだろうか。
まあ一応写真は撮れているから良かったけど。

 

テトラポットが敷き詰められた川側の堤防。
そのサーフ部は少し波が立っているがものすごく釣れそうな気配。
今日は気圧が低い為水位が高く、水が満遍なく入っていると言う感じだ。
テトラに乗り壁際にラパラCD7をキャストする。
良い具合に壁すれすれに落ちてくれた。
リトリーブすると最初は根がかりかと思いきや、首を振りエラ洗いをした!
なかなかよく引くが強引にランディングすると、62センチの元気なシーバスだ。
久々のスズキサイズでひとまず一安心。

 

久々のサイズだ

逆堤防に移動すると、ここもいかにも釣れそうな感じだ。
ルアーをCD9に替え、少々波が高い方にキャスト。
4投目でアタリがあり、小さいサイズなので抜き上げる。

次は足元にキャストすると1発で食ってきた。
今度はかなり引くやつで、結構ランディングにてこずる。
足場が高いので暗い海面をライトで照らしても、どこに魚があるかわからない。
何とか魚が網に入ってくれて、こいつもジャストスズキサイズ。

すかさず又足元にラパラを落とすと又ヒット!
今度は50ぐらいの引きだが良く暴れる。
網に入れたと思いきやルアーだけ引っかかって、魚は外れてしまった。

 

堤防からのランディングは難しいので、テトラからキャストする。
しかし全く反応が無い。
また堤防に戻りテクトロをしてみる。
サーフ側でやはりこちら側には魚がいないのかなとルアーを回収していると、いきなり何者かが食ってきた!
ものすごい勢いでドラグを出して、壁にラインが擦れあっという間にラインブレイク。
バイブレーションを持っていかれた。
地面に座り込みノットを組みなおしながら、今のは何だったのか考える。
エイだとしたら、あんな勢い良く引くだろうか?シーバスにしては引きがシーバスらしくない。
とりあえず元気なエイとしておこう...。

 

堤防を往復し、又足元にルアーを落とすと、あららまたまたヒット。
慎重にやり取りし、50サイズのシーバスを上げる。
そこで、しつこく足元をキャストすると、抜き上げ時にセイゴやフッコクラスがバイトしてくるのがわかる。
なかなかヒットにまでいたらないが、やっていて面白い。


CDは7、9関係なく良く釣れるな

ふと周りを見ると、怪しげな雨雲が近づいてきている。
遠くで雷も鳴っている。
落雷が怖いので撤収することにした。
案の定スコール並みの雨が降ってきて、びしょびしょにぬれてしまった。

 

シャツまで濡れてしまったので帰りは寒く、最後は後味悪かったがまあ良いか。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中