バットレス

2004.10.12
まず、登山口に立つのが今回は大変だった。
台風22号だ。
トラブルは続くもので、スタート地点に着いたのは昼ぐらいであった。
まだ、この時点では日の光が有り山頂付近まで見えていたが、次第に霧が発生した。
正直「またか...」と思った。

霧と雨のせいで、途中の食事も楽しむことも出来ず、黙々と今夜泊まる山小屋を目指す。
登山道は、いったいどこから湧き出ているのかと思えるほど、いたる所から湧き水が流れている。
前日に降った大雨のせいだろうか。

予定よりも1時間早く山荘に到着。
南アルプスらしく味のある、いかにも山小屋と言った山荘だ。

山荘にはわずかな登山客しか居らず、寒いのでみんなでストーブを囲んで、互いに情報交換や雑談を楽しむ。
みんな山が好きなのだ。
たまにはこう言うアットホームなのも良い。
気になるのは明日の天気のこと。
寒いので毛布を3枚掛けて寝る。
明け方近く、屋根に落ちる雨音で目が覚めた。

夜明け前、小雨と霧の中、北岳の山頂を目指す。
山頂に到達すると、ものすごい突風とヒョウに気がめいってしまう。
手や顔は凍ってしまうくらい寒い。

その突風のせいなのか次第に雲が取れていくみたいだ。
長野県側を見ると青空が広がっている。
そして雨雲は徐々に取れていって、頭上に待ちわびていた青い空が見え出す。


北岳の山頂。寒い

重い荷物を北岳山荘に置かせてもらい、三脚とカメラだけかついで中白根山まで登る。
ここからの北岳は実に絵になる。
北岳の後ろには、甲斐駒ケ岳や鳳凰三山が広がっていて、まさに南アルプスを制したという感じに成る。
太陽に感謝だ!

北岳山荘で熱いコーヒーと朝食をとり体を温める。
台風が過ぎ去ったその日は、夕焼けが実に素晴らしかったらしい。
空は青空で実に気持ちが良いし、日差しのせいで暖かくなってきて風も無くなった。
つい先の天候が嘘のようだ。

北岳の巻き道を通り、八本歯ノ頭に向かう。
目の前には鳳凰三山が広がっている。
去年、向こう側からこちら側を見たので、今回は逆だ。
ゆっくり流れる雲が、風景をいっそう壮大なものにしている。


鳳凰三山

北岳の方から声が聞こえる。目を凝らすとバットレスと呼ばれる岩壁に人が居る。
この荒々しい岩壁がロッククライマーを惹きつけるのだ。
しかし、危険を冒してまで登る意味はあるのだろうか?
そう思ってしまうのは、彼らの世界感を知らないからだろう。


バットレスの上から人が降りてくる

たっぷりと風景を満喫した後、時間を掛けて下山する。
下山時に山小屋で一緒だった人達とすれ違う。
結局みんな、大体同じコースみたいだったな。
またどこかの山で会えればと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中