逃した獲物

2004.10.16

久々に京浜島に行きたくなった。
初心忘れるべからずでは無いが、いろいろな意味で2年前とどう変わっているだろう。
懐かしむためではなく腕試しでね。

 

運河は、ハゼ釣りの人が多数居る。
そして、前は台船がいくつも停泊していたが、それがまったく無い。
水面を除くと意外なほどクリアで、マルタの群れが漂っている。
仕方なく潮止まりに城南島へ移動。


羽田からのジャンボ機が飛び交う城南島。
現場に着くと、波の立ち方といい、少し強い風といい、いかにも釣れそうな感じ。
ここも水の色は透き通っていた。
海水を触ると結構暖かいので、水温は高いみたいだね。


向こう側は青海

良い潮目が出ていたから、遠投できるバイブレーションをリトリーブすると、開始早々ヒットするもバレる。
次もエラ洗い。群れが居るのか、こりゃいい感じだと思いきや、ガツンとまたヒット!
結構な引きだ!手前10メーターぐらいでエラ洗いを交わす。


で、でかい!


見た感じ80を越してるんじゃないかと思うほどだ。
足元まで寄せると、テトラ際に逃げ込む。
ドラグがうなみ、何とか持ちこたえる。
何なんだこの引きは。
今までに味わった事の無いシーバスの引き。
まるで根がかりしているみたいでビクともしない。


何とか持ちこたえたが、反対側に猛烈なダッシュ。
またドラグがうなりラインを数メートル出される。
「ああーそっちには行かないでくれ!」。
案の定ラインブレイク。
よく言う言葉だが「何も出来なかった...」

ラインを見ると、結び目の方ではなく、スナップ部の所から外されていた。
何というパワーなのだろう。
その後少し興奮状態で、久々に体が震えた。
それにしても、スナップ部の結び目が外れるとは予想外で、見落とした部分でもあった。

その後、活性が良いのかヒットが結構有る。
もちろんバラしもあるが、フッコサイズを10尾近く上げた。
最後まで気を抜くことなく釣りを楽しめた。


サイズはいまいちだが、秋の魚は良く引くよ。

小さくてもシーバスの引きは派手でエキサイティングだ。
おかげで、親指は魚の歯形だらけだい。
仲間もかなりヒットしていたが、何しろPEと固い竿なのでバラシが多発したがスズキサイズの良型を上げた。


シャローミノーが活躍した

 

それにしても逃した獲物は大きかったなあ...

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中