雲の上に立つ

2004.10.23
やっとの思いで登山口に着いたのは、まだ夜明け前。
台風の影響で所々崩れていたり被害を受けている。

猿や、ヤマセミの出迎えを受け標高1200メーターから、2956メーターを目指す。
約2000メーターの標高差。
野生の猿の群れが、まるで案内してくれるかの様に我々の行く手を見守っている。
前日はあまり寝ていなく、足を前に出すのがとてもつらい。
木々の間から遠くの山々の景色が見え、久々の朝からの晴天が稜線上での期待が沸く。
息を切らし稜線上に出る。
凄い!

周りを見渡すといつの間にか雲の上で、足下には雲海が広がっている。
そして目指す木曽駒の頂上と、今まで登ってきた、八ヶ岳、南アルプス、北アルプスと立山連峰まで見える。
それに一番近くに聳え立っているのは御岳だろうか。
とにかく涙が出るほど素晴らしい景色で、出てくる言葉は「凄い」としか言いようが無い。

息を凝らして登ったかいがあるというものだ。
これだから山行はやめられない。
正直、中央アルプスは他のアルプスと比べてどうかと思っていたが、そんな事なたっか。

それにしても凄い。
今年最後の日本アルプス登頂なので、最後の集大成と言ったところだろうか。
山小屋のいくつかは閉鎖されていて他の登山者もほとんど居なく、独り占めといった感じだ。
やはり山行は天気が一番影響してくるものだとつくづく思う。
 
さらに上まで目指せ
向う側は甲斐駒ケ岳
さらに頂上を目指すが、山頂が見えているのになかなか着かない。
体はクタクタに疲れ、やっと頂上に到着。
頂上付近には数名の登山者が居る。
たぶん千畳敷から登って来たのだろうか。
(ロープウェイで一気に2600メーターまで登れるからね)
しかし、足で稼がなくてはこの充実感は絶対に味わえない。
頂きからの眺め。向こうに見えるのは御嶽山かな
この時期の中央アルプスの初雪はまだであったが、標高が高い場所では寒かった。
宝剣山の頂上へも登ってみたかったが、疲労で断念した。

 

下山は千畳敷からで、もう紅葉は終わっていたが、ロープウェイで降りる時に見た渓谷の紅葉は見事だった。


下山時は霧が濃くなってきた

とにかく3000メーターの稜線上は別天地であった。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中