いくつかの代償

2004.10.28

夕マズ目から謎のサーフへ。

河口を除くとシェードとシンクロするように、シーバスの群れが壁際に着いていた。
20尾位居るだろうか。みんな、ちゃんと潮流に頭を合わせている。
一応ルアーで反応を探ってみるも、群れがバラけて行くだけだった。


分かりづらいが足元にいる

水の色は、底が見える程透明。
堤防脇にルアーを通すと、後ろから魚が追ってきた。
よく見ると、結構魚が泳いでいるのが確認できる。
三角形のテトラの穴に、身を隠すようにシーバスが入ったり出たりで結構活性が高いようだ。
おもむろにルアーを通すと案の定、魚達は興味を示す。
CD7を引いてみると、シーバスがチェイスして来たがバイトだけだった。
よく見えるので興奮する。


これで食ってくれば面白いんだけどと、テトラ際を引いているとヒット!
フッコクラスだが、産卵前で丸々太っていて、結構引くのでヒヤヒヤする。
夕焼けが綺麗なので写真を撮っておこうかなと思いきや、カメラのスイッチを押しても反応が無い。
ついにカメラが壊れてしまった。
(このカメラ、落としたり、濡れたりかなり酷使したからな)


大きくなれよ

サーフ部はマルタの群れが沢山居たが、一応シャローを引くとヒット。
しかしこいつをバラシて「ポイントゼロ」側に移動。
ゼロ堤防に移動する前に、さすが大潮ということも有り、満潮時は潮位が高い。
サーフ部を移動しながらシャローを攻める。
潮目か、堤防のヨレかわからないが、そこにキャストするとヒット!
K-TENリップレスで55をずり上げる。
カメラが無いので、携帯電話のカメラで撮影(前の雨で携帯電話も壊れて替えたのだ)。

連続で2投目もすぐヒット。
3投目は外し、4投目もガツンとヒット!
遠くでボシャボシャと凄いエラ洗いから、かなり大きな魚だ。
手前に寄せるもガーっとラインを出していく。
何とか寄せてくる波を利用してずり上げた魚は、よく太った65センチ(あーあ、カメラが無いから悔しいな)。


かなり太っていた

ルアーを見るとフックがひん曲がっていたので、グースにチェンジしてすぐヒットで50代。
少し場所を替え、今度はフィードで数回バラすが、何とか魚が乗った。やけに引く魚で、全くエラ洗いしない。
ラインをかなり出し、まるでマルタかエイといった感じだったが魚が寄ってくるとシーバスで、腹にスレがかりしていた。
こいつはスズキサイズ。


砂だらけだよ

堤防に移動し反応があるが、潮位が低くなっているのでゴロタに場所を移す。
テールダンサーをリトリーブする。
2回バラし、3回目で乗せたのは40代。

堤防に戻り、テクトロするとコツコツというバイトが沢山有る。
派手な動きのアルトロンでちょっとゆっくり目で歩くとヒット!40代。
またすぐヒットするが、ルアーはがっちりとフッキングされているので、すぐにランディングせづに少し実験。

いつも焦ってランディングして、タモ入れの時に失敗するので、どのくらいで魚が落ち着くのかを見る。
50クラスの魚で、最初はジャンプしたりエラ洗いしたり、下に突っ込んだりで暴れる。
数分してさすがに疲れたのかグロッキー状態に成ったところで余裕のタモ入れ。
この次もアルトロンにヒットで50代で、こいつも引きを楽しみながらランディング。
アルトロンは良く釣れるなと、ルアーをローリングベイトに替えてもヒットするので、用は何のルアーでも釣れるのだ。

かなり潮位が低くなり反応が無くなったので、早めの撤収。
サーフ部はかなり引いていて瀬がいくつかあるので、シーバスはそのシャロー部を利用して捕食しているのだろうか?
しかし沢山釣れたのは良いが、電話は壊れるはカメラは壊れるはで、その代償は大きい。

秋の魚は良く引くよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中