青空の下で

2004.11.4

素晴らしい秋晴れ!
こんな日はデイゲームだ!といつもより早めに出撃した。

 

まず港で作業船の際を狙う。
ジグを作業船と堤防の狭い間に落とす。
着水後リールを巻くとヒット!いきなりドラグが唸る。
でかい!
魚は作業船の下に突っ込み、ラインがタイヤに擦れてメインラインがブレイクした。
買ったばかしのジグが1投目からロストとはいやはやなんとも...。
まあ、網も用意していなかったし、まさか魚が掛かるとは思わなかったのでびっくらこいただ。
いくらなんでも狭すぎる所にルアーを落としてヒットさせても、ファイトが出来るかどうかが問題だよ。
申し訳ない!

 

いつもの河口へ行くと、沖からの南風がちょうど良く拭いていて見事な波の立ち方から、いかにも釣れそうな気配。
CDをリトリーブすると即バイト、そしてヒット!別に際を狙ったわけじゃなく、オープンな所でもガツガツ食ってくる。
スズキクラスを3バラシして4度目でやっとランディング出来た。

いやぁ、それにしても何という引きだろう。
この時期の魚はラインを出しまくり、とてもワイルドな引きを楽しませてくれる。
それにこの青空の下でヒットするなんてまさにアングラー日和で、ルアーを居ってくるところや、食うところ、エラ洗いやジャンプも迫力満点。


体高あるなあ

 

サーフ部の方は、底丸見えのスケスケ状態でまだ浅い。
一応堤防際を狙うとヒット!
あらら、こんな状況でも食ってくるとは。

逆側堤防付近はまあまあのサイズがヒットし、足場が高いためタモ入れ失敗しバラしてその後は反応無し。
潮止まりなのかな...。

 

エッジをK-TENリップレスで

 

前半の河口は良かったが、暗くなって下げてからは風も無くなり、まるっきり釣れなくなってしまった。
腹がぺこぺこで撤収。帰り際、川のテクトロでフッコを抜き上げる。
思えば結構バラシたな。
ルアーを3個もロストし、堤防を上がる時に膝をぶつけるし、テトラで滑ってひじは擦りむくし、
リールは水に浸かるし、網の柄のケツの部分は無くなるし、
ルアーを取ろうと膝まで水に浸かるも見つからないし(水は温かかった)、結構ワイルドな1日だった。

まあ、好きなことやってるから時間過ぎるのが早いの何の。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中