季節は刻々と

2004.11.19

季節は刻々と冬へ近づいていく。
吐く息が白い。
小雨が降る中出撃。
果たしてまだいけるのだろうか...?

 

しょっぱじめは堤防を偵察。
透き通った水面を覗くと、何とカレイが数引き泳いでいるではないか。
網ですくってみたくなり、ヒョイっとタモを落とす。
中には30センチを越えたでかいものも居り、エイのつがいが居たりと水面が透明だから良く見える。


カレイ

 

夕マズ目に河口を攻める。
全くのナギ状態で、ベイトっ気も無い。
仕方なく堤防を探る事にする。
かなり引いているサーフ側をCD9で探るとヒット!
強烈な引きではないが、ランディングを少々てこずった。

上げると以外な大きさで68センチの良型だ。
かなり太っていたので、産卵前だろうか?


これが獲れなかったら、きつかったな

その後は反応なしで、テトラ部を狙う。
しかしテトラに降りる時、足をつけた瞬間ツルっと滑った。

ズデン!とすっころび、リールのベールが変形してしまった。
それと膝を擦りむき、ペットボトルのお茶もロストしてしまった。

リールは何とかなったが、メンテナンスに出そうと思う。
高くつくなあと精神的ダメージを受ける。

一応、逆側も叩くがウンともスンとも言わない。
最後は温排水で数尾バラし撤収。
あれだけ居た魚はどこへ行ったのだろう。
もうシーズンも終わりかねえ...。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中