風に吹かれて

2005.1.30

遅くなってしまったが、初釣りに行った。
千葉の富津に仲間と出撃だ。

アクアラインの近くの漁港をロケハン。
北風が強く、沢山のカモメがホバリング(というのか?)をしている。
カモメは、空中で止まってキョロキョロしているのが面白い。

あまりにも風が強いので、富津に移動することにした。
おっと、その前にボウズ逃れとして、えさ釣りの為のイソメを用意しておかねば。

遠征した時は、地元の釣具屋へ寄ると面白いものを見つけるときがある。
あまりメジャーな所では手に入らないルアーや、もう廃盤になった商品がホコリをかぶっている。

てな訳で、日が明るいうちは漁港でえさ釣り。
寒さに耐え、やっとの事でアイナメと小カレイが釣れた。

夕方までは天気が良かったので、横浜や富士山、多分丹沢だろうか?大きな山も見える。
多少雲が出てきた夕マズ目から、メインのシーバスに切り替える。

堤防の先端部まで行く。
この辺りは藻が沢山あるので、ルアーに引っかかりやりづらい。
相変わらず北風も吹いているので、キャストもうまくいかない。

ブルっといったバイトらしきものがあったが、これは多分藻だと思う。
その後、少し場所を変えたもののアタリも無く、潮どまりの時間と成ってしまった。

それにしても遠征での釣りは難しい。
遠征(特に内房)するとどうして釣れないのだろう?

腕はもちろんだが、腕が無くてもたまたまヒットすることがある。
じゃあ、時季か?
もしかしたら、魚はルアーを追いかけてきているけども、どこかで見切っているかもしれない。

何だかんだいいながら、惨敗!

初釣りと言うこともあり、何とか1尾は出したかったが、北風に打たれ続けた1日だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中