領域

2005.2.28

何だかんだ言いながら、もう3月だ。
で、花粉症だ何だで梅雨時になり、暑い夏が来る。
暑いなあと思いきや、肌寒くなり秋が来る。
秋だ、爆釣だあ!と思いきや、あっという間にお歳暮シーズン。
時間が経つのは早いもの。

3ヶ月ぶりにポイントゼロへ出撃。
満潮前からスタート。

いつものパターンと同じように、河口から攻めていく。
3ヶ月も魚を出していないと、感覚というものを忘れてしまう。
どうしても魚とのコンタクトがほしかった。


風も無く、寒さは和らいだ

最近、日が落ちるのが遅くなった。
薄暗くなってきてから、やっと際でショートバイトらしきものがあった。
今のは、アタリだよなあ?と思っていると、ヒット!
久々のシーバスの引きだ。エラ洗いまでしてくれるよ。


もう少しで60センチをCD9で

引きは秋の魚ほどではなかったが、とりあえず今年初のシーバスだ。
パターン的には秋と変わらない。
満潮前なので、次は下げ潮で勝負だ。

ルアーをバイブレーションに替える。
そいつを底ぎりぎりに落とし、スローリトリーブしてくる。
去年の冬は、このパターンで魚をバイトさせている。

フォール後、即ビクンと言うバイトがあったが、その後が続かない。
場所をずらし、同じようにリトリーブするとヒット!
ドラグがジーと音を立てる。が、次の瞬間フックアウト。
ドラグの設定がかなり緩めであった。

この場所は、かなりワカメが多く、あまり底を取っていると根がかりしてしまう。
しかたなく、逆側から攻めることにする。

魚は、そのワカメ地帯に着いていると思い、その辺りをアルトロンで探る。
反応が無いので、またラパラCD9に替えるとヒット。
小さいサイズだが元気な奴だ。

ルアーをCDから、アトールのヨレヨレにチェンジ。
基本的には、引き心地があるラパラのようなウォブリング系のルアーが好きだ。
けど今年は、なるべくルアーチェンジを頻繁にやろうと思う。

そのあまり引き心地がないヨレヨレを、ワカメ地帯の上辺りを通るような感じでリトリーブ。
3投目でイメージ通りヒット!結構な引きだ。
ドラグを調整しながらファイトする。


こいつはスズキサイズ

なかなかの引きで少し緊張してしまったよ。
とりあえずランディングできて良かった。
やっぱりシーバスは良い引きするなあ。

気を良くして同じパターンでもう1尾追加。

コイツはセイゴクラスかなと思いきや、コイツも60行くかいかないか。
それにしても、このヨレヨレというルアー。こんなルアーアクションでも、魚は食ってくる。
ルアーは不思議な物だ。

海水はこの時期らしく、かなり透明で、やはり冷たい。
もう少しすれば、夜光虫なんかも出るのだろうか。

またバイブレーションで底を引いていると、ドラグが勢いよく出た。
しかし、コイツはエイであった。泣く泣くブレイクし、これを期に撤収。

帰り際に立ちこんでいる人が、魚をランディングしていた。
魚は結構大きく70近い。

正直今のスタイルでは、攻め込めない領域だと感じた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中