スタンス

2005.3.30

荒川河口に出撃。
本当は日中のド干潮に行って、いろいろ現場を見ておきたかったのだが、結局夕マズ目からのスタート。
南風が適度に吹いていて、それでいて濁りが入っているので、釣れる気配ムンムンだ。


笹にごりとでも言おうか。いい感じだ。

上げ潮と、南風がシンクロしている。
タイミングが良い。すぐさまタックルをセットしエントリーする。

 
今日は、大きさ云々よりも、いつもと違ったことをやりたかったのだ。

常にタックルケースに入っているトップウォータープラグ。
でも、あまり出る機会が少ない。
トップでは魚を出したことが無いので、今日は何とかバイトでもあればと、スキッターポップを投げてみる。
テトラ際を丹念にトレースするが、一向にあたりが無い。

沖の方を見ると、カイツブリのような鳥が、水中に潜り餌を獲っている。
小魚を口にくわえていると言うことは、スズキもそれを狙って沖にいるのかもしれない。
よく見るとそのカイツブリの様な鳥(何と言うのだろう)は、結構沢山いる。

仕方なくトップはあきらめて、X-RAPをセット。
沖に出来た潮目に投げる。

ジャークとはどんなものか分からないが、適当に竿をあおる。
去年の秋のこの場所で、同じようにヒットさせているので、何となく期待する。

ダウンクロス気味でリトリーブしていると、途中でコツコツというバイトらしきものがある。
もう1度、その辺りをトレースするとヒット!
型は小さいが、なんとも嬉しい1尾だ。


X-RAPで食わせると嬉しいね。居付きっぽい色だ。

日があるときは、キラキラしたローリングタイプの方が良いかも知れない。
と言いつつ、全然それ以降反応無し。
おまけにバイブレーションでボトム取りをしていたら、根に引っかかりロストしてしまった。
ここは、結構根がきついのかもしれない。

アタリも無いまま日が暮れてきた。
何だよ魚居ないのかよ?と結局ルアーをCD9に替えたら、やっとズン!というアタリ。
このラパラCD9、安売りセールで買った物で色がイマイチだったが、色なんて関係ないのかねぇ。


結局CDに頼るしかないのかな

それにしても、ゴン!とかズン!とか、ルアーをひったくるようなアタリは、シーバッシングの醍醐味でもあるよな。

その後は潮が緩み、セイゴが掛かったりバレたり。


レイジーのスローで


コレはテトラ際をCD7で


コイツは、リーダーがもうガイドまで来ているのにバイトしてきた(笑)

どうせ小物ばかりなので、下げ後は少し上流の方に移動。
下げと共に、風の方向が内陸からの風となり、微風になってしまった。
しかも潮の色は濁りが取れて、透明度が増していた。

雰囲気的に、あまり魚は出そうな感じはしなかったが、キャスト2回目でヒット。
結構な重みで、かなり沖の方でヒットしたからファイト時間が多少長い。
なかなかの引きだ。ランディング時はドラグを調整してネットイン。

アレ?

結構良いサイズかと思いきや50と言ったところ。
川の流れがあるので、魚はその流れによって重くなっていただけだった。
この流れで、結構大き目のサイズが掛かったら、相当良い引きするだろうと思った。


ルアーはヨレヨレで


まあ、これは良いルアーを使っていたので、釣れてしまったと言う感じだ。
集中力が切れてきたので、最後の3投を2セットして撤収した。

シーバッシングは大きさを釣るだけでは無く、いろんなアプローチの仕方で釣る楽しみもある。
これからはそういうスタンスで、幅を利かせた釣りが出来ればと思うのである。

・追記(後で調べたこと)

カイツブリのような鳥とはカンムリカイツブリ。
日本には冬鳥として渡来してくる。
海岸やその近くの淡水湖沼などに生息し、潜水し魚類や甲殻類、昆虫などを食べる。
約1分間ぐらい潜れるらしい。小さなエイも食べるみたいだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中