海人のように (久米島遠征 後編)

2005.5.2~5.3
島に朝が来る。
ピールルルーと鳴く鳥が南国らしい。
多分、イソヒヨドリだろうか、青い色が鮮やかだ。
部屋の窓を開けると、だるま山にガスが掛かっている。
天気としてはあまり良くない。3日目は島内ラン&ガンと行きたい。
まずはイーフビーチへ行くことにする。

大滝詠一の音楽が似合いそうな1コマ空に分厚い雲が掛かっていたが、ビーチに到着すると、次第に青空が顔を出した。
太陽の光は白い砂浜に届き、その反射で目がまぶしい。
予報は外れてくれて、またジリジリと日が差してきた。

美ら海イーフビーチには、人影もあまり無く開放的だ

 

ここに来て、やっと南の島に来たという感じだ。
なんと美しい色だろう。
水色、コバルトブルー、エメラルドグリーン、限りなく透明に近いブルー。
これはもう泳ぐしかないでしょう!
せっかく水着を持ってきていたので、すかさず着替えて海に飛び込んだ。


少し冷たいが、実に気持ちが良く満喫した

水中眼鏡で水中を見ると、青いグラデーションが広がる。
海の上から見るのと、水中ではやはり見え方が違う。
少しは魚の気持ちが分かったが、塩分濃度が高いせいか、沖縄の海の水はしょっぱい。

少し沖にある際には、熱帯魚が居るみたいだ。
こんなに綺麗な海を見ているだけでも、幸せな感じになる。

午後からは島を適当に走る。
途中スコールがあったりと天気が不安定になったのは、沖縄は5月から雨季に入るからだ。


釣りが出来そうな場所を見つけ、キャスト&リトリーブ

水面を見ると、やはりカラフルな小さい熱帯魚がたくさんいる。
それとフグが泳いでいるのも結構目立つ。


平和主義者的な顔をしているハリセンボン(DS氏撮影)。ミノーでカサゴなども釣れたみたい。



ソフトルアーを使うのが得意な仲間の1人がヤガラを釣った。右はミーバイの仲間か?

久米島の周囲は48km。
道路は片側1車線オンリー。
信号機なども数えるぐらいしかない。
地元の人の車(軽自動車が多い)はきっちり法廷速度の30キロを守っている。
まあ、狭い島そんなに急いでどうするの?と言った感じだろうか。
僕らみたいな部外者の車が数台いると、後に連なるような形でちょっと渋滞が出来る。
免許取立ての彼が運転していたので、ちょうど良かったけど、それでも心地良く走れた。


比屋定バンタから。下に車えびの養殖所がある。

地図を見ながら、場所を移動し、釣りをしたり風景を楽しむ。
沖縄の家の門には、必ずと言って良いほどシーサーが祀ってある。
よく見ると、屋根の上にも、歩道にも、至る所に有り面白い。
昔からの文化を大切にしているのだろう。
なので、洋風な建造物は、あまりこの島には似合わないだろうね。


ミーフガー

昨日船から見た景色の所まで来た。
この辺はショアからでもGTを狙えてしまうほど沢山の魚が居るとか。
もちろんシーバスタックルで狙うのは無理。
メッキぐらい釣れれば良かったが、そう簡単には釣れない。


サンゴ礁が多いので、小魚の住処になっている。ちょっとした水族館。

車で走ると、あっという間に島を1週してしまう。
あれれ?もう空港?

夕食は沖縄料理。
チャンプルはもちろん、特に美味だったのがグルクンというタカサゴをから揚げにしたもの。
それと沖縄ソバとかソーキソバなどいろいろあるが、島によって乗っている具が違う。
飽きるほど食べた。

飲み物も関東とはちょっと違うものがある。
自動販売機ではサンピン茶というジャスミン茶みたいな味のお茶が売っていたので、こればかり飲んでいた。
関東では見ないが、シークゥワーサージュースと言うものが有り、これが爽快な味でうまい。
泡盛と割っても良いが、そのまま飲んだほうが爽快さがある。
常夏の島なので、さっぱりした物が多い。


食堂には必ずある島とうがらしは、唐辛子の泡盛付け

最終日は残念ながら、スコールが降ったりやんだり。
晴れていればハテの浜まで行きたかったが...。

帰る頃にはまた暑い日差しが戻ってきたが、まあ今回の旅ではタイミングよく晴れてくれた。
これからがいよいよ雨季本番だろう。

島には沢山の派手な花が咲いている。
街は少し寂れているが、それがまた静かで良い。

旅に出ていつも思う事だが、そんな場所に来ると時間がとてもゆっくり流れている気がする。
モズクを獲っている小船の脇を、ダイバーを乗せた船が通り過ぎていく。
僕らは、どうしても時間を惜しんだり、気にしたりとセカセカしてしまう。
時にそれが、自分の首を絞める事があるのだ。

島の人は温かい。
都会との温度差は気温だけではなく、そう言った温もりの様なものからも感じられる。

日本も捨てたものじゃない。
都会は、いろいろな物がめまぐるしく変化していくが、この島だけは変わらないでほしいと思う。

また来るぞ沖縄!

広告