コアジサシ

2005.5.24

最近は、暑くなったり寒くなったりと安定しない天候が続く。

会社の帰りに、行きつけのショップに滑り込む。いろいろと情報を収集。
どうも潮の影響なのか、運河での食いが良かったそうだ。

さて、ポイントゼロはどうなっているだろう?と出撃してみた。
夕マズ目、満潮前からエントリー。

河口付近を見ると、何かのロープか?と思ったが、それは1メーターを越す蛇だった。
こんな所にも、蛇はいるのか。
暖かくなったせいか、気持ち良さそうに寝ているみたいだった。
コイツを餌にして釣れる魚がいるとしたら、そうとうデカイだろう。アマゾンとかにいそうだが。

横から吹いてくる風が、波を立たせている。良い感じだ。
その風に乗って、キュルキュル鳴きながら沢山のコアジサシが飛んでいる。


コアジサシ

コアジサシはしきりに緑っぽく濁った海面にダイブし、小魚を捕っている。
中には、水面ギリギリで「おっとっと、失敗」と急にダイブをやめるものもいる。
それでも、結構な確立で小魚を捕らえているから見事だ。
しかし彼らも、先ほどの蛇などに卵を食われたりと、コアジサシの人生も試練の連続なのだ。

まあ、それだけ小魚がいるからシーバスもいるだろうと、足元をテクトロで探るとすぐにヒット。


最初はCD9

反応が早いと気分が良い。
ルアーをラパラX-RAPにチェンジ。
また、同じ場所に来たらヒット。


良いフッキングだ

型は小さいが結構引いてくれる。
もシーバスの目を良く見ると、光の加減では非常に綺麗に見える。


ブルーアイ

今度はルアーをローリングベイトに替える。
また同じところでヒットしたがフックアウト。
どうもこのルアーは針掛かりが良くないのか、よく外れる。
多分気のせいだろうけど。
しかし、逆から攻めるとまた反応がある。


小さいが、よく暴れる。まあ何でも食ってくるよな。

そこの一箇所だけしか反応がないから不思議だ。
どういうことなのだろう。わからない。

満潮近く、風の向きが変わってきた。
雲行きが怪しくなり、遠くの方で雷が光っている。

こちらには来るなよと思いつつ、ポイントをゼロに移動。
移動しながら、見落としがちなシャロー部も叩いていく。

小さな流れ込みポイント辺りで、沖の方に何やら波紋が見える。
何だろう?ボラか何かか?と思い、その辺りにキャストする。
リールを数回巻いたところでググっと手ごたえがあった。
ヒット!型も少し大きそうだ。

テトラが下にあるので、すかさずそれを降りて難なくランディング。
大きさの割にはあまり引かなかった。
多分ベイトを追っていて疲れていたのだろうか。


TKLMのコンスタンギーゴ


グェ!

先ほどの海面に出た波紋は、シーバスが捕食しているライズと言うものなのか。
それはもう無くなっていたので、もっとよく見ておけばよかった。
その波紋を探しながら移動していく。
水面が穏やかではないと、確認しづらいかもしれない。

しかし、日が暮れて暗くなってくると、ルアーやラインが光りだす。
少し夜光虫が出ていた。

下げからはそのせいなのか、ペンシル系などにもまったく反応が得られない。
河口付近では、ルアーにゴツゴツ当るほど、ボラの活性が凄い。

これからもっと気温が上がるにつれ、夜光虫の発生が気になる。
去年もそれに悩まされたから。

この時期の夜はまだ寒いよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中