サンデーアングラー

2005.6.19

荒川河口に出撃。
暖かい南風が吹いているみたいだし、雨も降らなそうだ。
日曜日は大体の人が休みなので、釣り人も沢山いる。

まあ、とにかく今日は結構バラした。
サイズ的にあまり大きな魚は居なかったみたいだ。
ほとんどがセイゴクラスで、足元で暴れてフックアウトという感じで。

最初は沖にある潮目と、足元のテトラ際にルアーを通す。
なかなか反応が得られないので、テトラ際をかなりスレスレでトレースするとヒット。


ローリングベイトで40弱

かなり黒っぽかったので、居付いている魚だろうか。
同じように逆方向をトレースすると根がかりしたようなアタリ。今度はかなり引く魚だ。
暴れている魚体が見えたのだが、途中でフックアウト。コレ獲りたかった。

風が強くなってきて、キャストコントロールが難しくなる。
もう少し重めのルアーにチェンジする。

ヨレヨレをスローで引くと、結構バイトがあるが乗らない。
ガガっとアタリがあり、あわせようとすると「あれ?」という感じだ。
ルアーの違和感を感じ、アワせる前に口を離しているのだろうか?


小さいのばかり。大きくなれよ。

まあ、小さいものでもそれなりに暴れてくれるし、フックアウトせずランディング出来るだけでもありがたい。
それにしても、彼らは何を食べているのだろうか?

最後の3投でもフックアウト。キリがないので撤収。
絶対に魚がバレない、魔法の竿はないものだろうか...。

来月ぐらいから、湾奥でのシーバッシングは厳しくなる。
その前に獲れる魚は、釣っておきたいよ。

広告