静かな波音

2005.10.6

先日、同僚と昼飯を食べに行く時、今日こそ焼き魚定食は秋刀魚でしょうと、期待して定食屋に行った。
ええと、今日の焼き魚は秋刀魚ですよね?と一応うかがうと、いやサバですとあっさり期待を裏切られた。
サバも良いけど、やはり秋は秋刀魚と大根おろしなのだ。すこし残念。

釣りの方は、もう10月だと言うのに、湾奥もあまりパッとしない。
思い切って、少し千葉よりに出かけてみた。

前回とは違い、風は穏やかでまったりとした波立ちだ。
だってもう10月だぜ?絶対釣れる!と言い聞かせる。

川沿いには小さなセイゴの群れがいる。
ラパラCD7を通すと、みんなでルアーを追っかけてくる。
追ってくるだけで食わないけど、それがとてもカワイイのだ。
さすが魚眼だけあって、少し後ろからでも見えるみたいだ。

本命ポイントに移動。

さて始めようかなと思ったら、おじさんが自転車でこちらに近づいてきた。
「フッコでも狙ってるのかね?」「まあ、そんなとこです」
本当は、フッコじゃなくスズキを釣りたいのだけど…。

足元や、際を狙っても反応が無いので、バイブレーションで沖に目掛け遠投。
風が無いから、ピョーンと気持ちよく飛んでいく。
あまり期待していなかったが、ゴクン!と明らかにシーバスのバイトがある。

居る!

2投目も同じコースで、一旦着庭させリトリーブ。

ゴン!乗った!

結構重い引きで、エラ洗いまでしてくれる。
くぅーしびれる。
釣り上げたら、またおじさんが近寄ってきて、「大きいね、刺身でもするの?」と。
記念に写真撮ってあげるよと、写真撮ってもらった。こりゃどーも。


60センチのタモ網サイズ

ミノーでは反応が無いので、バイブレーションで底取りしてスローリトリーブ。

魚はあちこちに居る感じだ。
すぐさま反応がある。


マールアミーゴ大当たり

同じパターンでバイトさせて行く。
沖の方で食ってくるので、引っ張りあいが気持ち良い。


これも60近いな

これはデカイでしょ?と思うい、ドラグを使ったり竿を水中に突っ込んだりして、上げてみるとフッコサイズだったりする。
秋の魚は元気が良いのだ。


コイツは小さいけど良く引いたな


一度、横走りする奴が居たて、これはデカイかと思ったがフックアウトした。
逃した魚はいつもデカイのである。


日が暮れてきた

辺りは、秋の虫の音がしている。それにしても、静かな波音だ。
風も心地良く、虫の音と静かな波音の中で、竿を振る音が響く。

それから、際狙いで数尾掛ける。


CD9で


TKLMで


ローリングベイトと、最後はCD7

やはり、魚が居るところにはちゃんと居る。
釣れる時に、釣っておかないとね。

暗くなり、岸近くだけ夜光虫が出ている。
ルアーも光って、追ってくる魚も光っている。

帰ろうとしているときに、「こんばんは」と挨拶された。
良く見ると、仲間の一人だった。会社が終わってからの釣行だとか。

彼は、タックルボックスの中にチヌ様に改良されたルアーと、ワインド(?)用のルアーが入っていた。
巷では、いろいろなものが出回っているみたいだ。

彼を少し見守って、早め撤収した。
果たして彼は釣れたのだろうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中