愛しきもの

2005.11.4

現場に到着したのは、日が暮れだした頃だった。
まさにシーバッシングはシーズン真っ只中だから、もう少し早く着きたかったが。

場所は、千葉方面。
わりと穏やかな海で、まだまだ暖かいといった感じだ。

開始1分もしないでヒットしたが、こいつはフックアウト。小さい。

さすが秋シーズンだけあってか、数人のアングラーがいた。
テトラポットに乗り(シーバサーはテトラが有ると、とりあえず乗ってみたくなる)、際をトレース。

1投目にすかさずヒット!

なかなか良さそうな型だけに、パワーがある。
足元で突っ込まれそうになるが、前回の様に潜られないように、少し強引にやり取りする。
ドラグが出て行く。ロッドを立て、魚を浮かせる。
グイグイとロッドが曲がるが、何とか堪える。

無事に網に入ってくれたのは、太目の66センチのスズキだ。


写真は、またもや海を見に来ていたおじさんに撮ってもらった

次は反対側にキャストすると、またもやヒット。
コイツも、結構良い引きを見せたが、フッコサイズ。


ルアーはアイルマグネットの小さいミノー

その次は沖にキャスト。
あれれ?また来たよ。


まあ小さいけど元気が良いのだ

なんだか群れが入っていたみたいだ。
この3尾をかけてジアイは終わってしまった。
やはり、もっと早く現場に着いていればと少し後悔した。

潮どまり後は、ポイントゼロ方面に少し移動。
しかし、もう下げ潮が効きだそうとしているのに、反応が全く無い。

サーフポイントは、大潮なだけに引くのが早く、ルアーが砂地を擦ってしまう。
駆け上がりがありそうな場所を、適当に見つけリトリーブする。

こんなシャローでも魚は入ってくるのだろうか?と思っていると、ビクンとバイトがあり魚が掛かった。
ゴリゴリとリールを巻いていく。この感覚がたまらないんだよね。
サーフだから、網を使わずに、岸に魚をズリ上げる。


ルアーはヨレヨレ。砂浜で釣ると、砂だらけになる。

魚は60少しと言った感じだが、サーフで獲れる魚は何とも嬉しい。

魚がいるところを探すのは、非常に難しい。
まして、夜の海になると、その変化を探すのは大変だ。
常に移動する時も、水面を見ていなければならない。

まあ、魚は沢山居るみたいだが、釣れるのはその一部かもしれない。
そして、その一部の魚を釣ると言う事は、僕にとってはほとんど運だと思う。

数年シーバッシングをやっているが、いまだに分からない事だらけ。
よくあきもせず続けていると思うのは、そんな魚達が愛しいからだ。

銀色の体、大きな口に大きな目、鋭い力。
満月の夜、彼らは広い海を、我が物顔で泳いでいるのだろうか?


もっと大きくなって戻って来いよ

僕はやはりこの魚が好きな様である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中