願望

2006.2.25

いろいろと、やらなくてはならない事が多い中、あさまに乗り込み長野へ向かった。
思いもよらぬ好天気で、車内はスキー客で賑わっている。
早起きしたので、車内で少し寝ようかなと思ったが、なかなか眠れなかった。山は久々だった。
今回はそれほどハードなコースではないが、冬山だ。
念のため、防寒対策をする。

佐久平に着くと、どんよりとした雲が広がっていた。
大きな山が見えるが、半分以上が雲で隠されていた。

駅から、ローカリーなバスに乗り込む。
古びた車内で、日に焼けたシートといい、地元の広告といい、都営バスとは比べてはいけないだろう。
バスは山道をグングン登り、気がつくと雲の上にいて、八ヶ岳や中央アルプスが顔を出していた。

峠から、登山道を歩き始める。
登山道は、雪の下の約1メーター位下にある。
トレースが付いている所を歩いていく。

相棒はアイゼンを着用したが、僕はアイゼンは付けずに登った。
思ったよりも日差しが強く、背中にジリジリと照りつける。
半袖、半ズボンと、ビーチサンダルだけで登ったほうがちょうど良いのではと思うくらいだ。

アップダウンがいくつかある浅間山と言えば、確か2年前位に噴火したことを思い出した。
その時は、軽井沢付近にまで灰が飛んだという。

その山の向こうに浅間山が見えてくる雪で足をとられるし、登山は久々なので、やはり登りはきついのだ。
息遣いが荒くなってくるが、展望のせいで苦にならない。
後ろを振り返ると、北アルプスが見えるのだ。

本当は、冬山の北アルプスに登ってみたいという願望もある。
しかし今、あの頂上に登ってみろと言われても到底無理だ。
ただ今は、願望の一つで良いのだ。
大切な事は願望をかなえるよりも、持ち続けることだ。

徐々に浅間山が見えてきたが、最後の急所がきつそうだ。
急斜面を、ゼイゼイ言いながら登る。
空には雲ひとつ無い。

噴火口から煙がでているよ黒斑山の頂上に到着。
風は無く穏やかだ。
頂上は狭く、そこに何組かのパーティーが食事をしていた。
僕らもコンロで湯を沸かし、浅間山を見ながら食事をする。

それにしても、今ここで浅間山が噴火したら迫力があるだろうな。
そんな話をしながら、浅間山を見ていた。

浅間山浅間山を良く見ると、頂上に向かって道が伸びている。
まあ、今は登れないかもしれないけど、あまり登っても面白みが無い山だ。

足下は崖っぷちになっている。
少し富士山に似ているだろうか。

さすがに下山時はアイゼンを付ける。
登山も立派なウィンタースポーツでは無いだろうか?

長野と言えば蕎麦だな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中