少し嬉しい外道

2006.5.14

今日は母の日。
釣り人でワイワイガヤガヤしている若洲ポイントへ釣行。

反応が出始めたのじゃ、ちょうど下げが効き始めてからだった。
潮の濁りと、若干の微風が、「これからが本番ですぞぉ」と気持ちをかきたせる。

ルアーはアタリがいくらか出ていた、細長いニョロニョロを使う。


堤防で何気なくヒットしてセイゴ

ポツポツと反応があるが、なかなかフックアップには至らず。
乗ったとしても、途中でフックアウトしてしまう。
やはりPEラインはそういうもんかなあ。

風が当るテトラ地帯の方が、反応が良い。
時たま、水面に魚の影がヒュンヒュンと泳いでいるのがわかる。
餌を追っているのかもしれない。

沖に出た潮目で結構反応がある。
ルアーをゆっくりリトリーブする。
ゴッ!来た!


元気な45センチ。

ニョロニョロはただの棒みたいなルアーだけど、よく釣れる。
最近はコレばかりだ。

何回かヒットするけど、途中でフックアウト。
サイズはあまり大きくないみたいだが、やはりヒットすると面白い。
どうも、反射的にアワセるのが良くないのだろうか。
意識的に出来れば良いのだがね。

それでもって抜き上げ時にチビっこいのがヒット。

ん?セイゴかな?


うれしい外道だ

よく見るとメバルだった。
この辺りでメバルが釣れたのは初めてだったので嬉しいのだ。
多分電気浮きで釣っている方も、このメバルを狙っているのだろう。
オートリリースしなくて良かった。

その後何回かバラして終了。
後ろ髪を引かれて撤収。

スズキサイズの魚が釣りたいのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中