ファースト&スロー

2006.6.7

いまいち天気が気になるが、結構気持ちの良い一日だった。
今日は夕方ぐらいから、おやつのシュークリームパンを持って、若洲に出撃に行った。


潮位は低いが良い感じだ

東よりの風が強く波だっていて、潮の色も濁りが入っていて、シーバスを釣りには絶好のコンディションだ。
最近は、魚がヒットしてもフックアウトばかりなので、PEラインから伸びの有るナイロンラインを使う。
こんな時、やはり代えのスプールがあると、ラインを2種類巻けるので便利なのだ。

川の下げが効いている場所を攻める。
最初はテトラ際を狙うが、ラインが風に流されなかなかうまくルアーを飛ばせない。
潮が引いているので、沖の方にフルキャストする。

グンっと気持ち良く竿が曲がった!
感度は幾分落ちるが、やはりナイロンラインの方がキャッチ率は良い。


50位かな?ローリングベイトで

日が高い内に釣れると、何とも嬉しい。
立て続けにもう一尾小さいサイズを。

まだ明るいので、リールはある程度速めにリトリーブする。
風と潮の流れがシンクロしているから、重たい流れだ。

少しダウンクロス気味にキャストし、早めにリトリーブする。
グン!魚が乗った!

結構でかそうだが、魚も巻いているのと同じ方向で走っているので、スイスイハンドルが巻ける。
しかし、足元に来ると抵抗しはじめる。

コレはでかそうだ!
久々の大物とのファイトなので、ドラグを調整したりと慎重にやりとりする。

バレるなよ...。ヒヤヒヤ。
僕は網を取り出し、魚を取り込もうとした。
しかし、網の柄が魚体を突っつき、針が魚から取れてしまったのか、そのまま深い海に消えていった...。

あ゛ー!!
な、な、なんという事だ!

久々の大型だったので、足が震えてしまった。
(今、こうして書いていても悔しい)
逃した魚はいつもデカイのだよ。

多分、群れがいくらか入っていたのだろう。
その後は、反応が消えてしまった。ふう。

辺りは暗くなるが、風は吹いたままだった。
テトラ際に反応が出るので、シャローミノーをスローリトリーブし重点的に探る。
風があるので、ルアーは少し沖の方に投げ、ラインだけ際にシンクロするようにする。
暗いので、なかなかキャストも難しい。


40ちょいをグースで

ルアーローテーションを一回りし、ルアー着水後すぐにヒット。


これもテトラ際。50くらい。

やはり、もう少し型が欲しい。贅沢か?

しかし、もうやめようかなと思っていた所でヒット!
なかなか重い引きだ。
ドラグを効かせ、テトラに絡まないようにラインを巻き取る。
魚のギュンギュンとした感触が伝わってくる。
この感触が良いんだよね(緊張するけど)。
結構、大きそうだ。ファイトを楽しむ。


60センチ、ジャストスズキサイズ。これもグース。

明るい時にバラした魚よりは小さいが、まあ最後に獲れたから満足だ。
潮が引いていても、風があれば魚は釣りやすいのだろうか?

まあ、久々に魚の引きを味わえたので良しとするのだ。
ラインを触るとボロボロに成っていた。

最後の最後でバラして、撤収。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中