ワイルドデイ

2006.6.12

 

東京も梅雨入りしたらしいが、今日の日中は非常に暑かった。
昨日、仕事後に仲間の一人とちょっと荒川に出てみたが、潮位が下がっていて魚の反応は得られなかった。
そのせいでは無いが、ラインを巻きなおし、夕マズメから若洲へと出撃。


なかなか釣れそうな雰囲気だが

現場に着くと、なんと仲間のKOB氏が居るではないか。
状況を聞くと、あまり反応が無いとの事。こんな機会も珍しいので一緒に釣りをする。

赤潮が発生しているのかと少し心配したが、コンディションはなかなか良い。
ここは潮どまり前に釣りたいところだが、全く反応が得られない。
仲間はヒットしたが、バラしてしまったみたいだ。

結構集中して釣りをしていたが、思った以上に反応が得られず、日が暮れだした。
風のせいも有ると思うが、なかなか下げが効いてこない。

やっと下げが効き出して来てから、少し反応が出てきた。
良し!これからだ。

仲間はワールドカップを見るため先に帰ったが、自分もギリギリまで頑張ってみる。

シャローランナーをスローリトリーブする。
シーバスを釣り始めた時、良くやっていたパターンだ。
とりあえず、やっとセイゴがヒット。


ルアーはグース

満潮近いので、波をかぶってしまう。

ズン!乗った!
ドラグがゴリゴリ出ている。

網の調子がおかしかったが、何とかネットイン。
嬉しいスズキサイズだ。

しかしその後不運にも、波にネットをさらわれ網をロストしてしまう。
おまけにリーダーも使い切ってしまい、ライトの電池も付きが悪い。

最後は仕方なく、ハンドランディングで40クラスを獲って撤収。


口の中にはバチらしきものが入っていた

たった3尾釣るのに、腕に擦り傷をつくり、潮をかぶり、おまけに家に帰ったら生臭いと言われる。
シーバス釣りは結構ワイルドだなと思う一日だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中