船上の格闘

2006.7.23

ようやく忙しかった時期も乗り切り、いよいよ夏本番。
と、行きたいところだが、何だ何だまだ梅雨が明けてないよ。

そんな中、我らチームキングフィッシャー面々は、相模湾沖のシイラ釣りに出撃した。
車の中で仮眠して、出船は朝の5時半。
雨が、ポツポツと降っていて、あまり止みそうではない。

本当は、もう梅雨が明けて、ピーカンの入道雲が出ている夏の空の下で釣りがしたかったのだから、少しモチベーションも下がる。
天気も優れないと、なかなかターゲットを見つけづらくなってしまう。

しかし、ここで僕自身に異変が起きてしまう。船酔いだ。
情け無い話だが、僕はあまり乗り物(特に船)にはあまり強くは無い。
酔い止め薬を飲むのを忘れてしまったのだ。
結果、僕はかなりのグロッキー状態になり、釣りどころではなくなってしまった。

そんな中、仲間は数少ないチャンスを物にしていた。
今回は、気温、水温とも低く、ルアーも沈めたほうが良さそうとの事だ。


まさに格闘中


メーターオーヴァーのメスのシイラ

まあ、どの釣りもそうだけど、なかなか魚のいるところを探すのは、大変なのである。
この釣りはとにかく、カモメの鳥山を探すのが、手っ取り早い。
その下に、イワシか何かがいて、カモメや、大きな魚がそれを捕食しているからだ。


今回も大きな鯖だ。ジグを着水させた瞬間に、バイトが来る。
鯖という魚は、シーバスに比べてまるでスクリューかプロペラのような泳ぎをする。。
シーバスは「ああ、疲れたな」と、一瞬力が抜けるのだが、鯖は最後の最後まで泳ぎ続ける。

シイラが釣れなかった僕は、お土産に大きな鯖をお土産として持ち帰った。


サバをさばく(ああ、くだらない)。内臓もちゃん取り除く。


塩を振って、グリルにする


出来た。さすがに生臭くは無かった。

焼きすぎたのか、あまり脂が乗っていなかったが、(船酔いを我慢して)自分で釣り上げたものだから、誰が何と言おうとうまいのだ。

自然界の物を獲るというのは、とても大変なことだ。
それは、魚との格闘でもあるし、自分との格闘でもある。
今回は、完全に自分に負けてしまったよ。

なので、お魚は感謝して食べるべし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中