未知のもの

2006.10.4

 

いつの間にか季節は秋になっていた。

秋になったら、幾人かの人たちとてシーバスをやろうと言うことになった。
それで、今日はその為の様子見であった。

夕方から、荒川河口と若洲エリアに向かった。

ゴロタ場は、さすが満潮だけあって水位が高い。

岩に、鵜やカモメが留まっていたので、ベイトとなる小魚が居るのだろうか?。
ミノーで探っていくが、反応が得られない。

その前に、履いていた長靴から水が入ってきた!
よく見たら小さな穴が開いていて、そこから入ってきたみたいだ。

冷たいので若洲に移動。

潮の笹にごりといい、波の立ち方と良い、なかなかコンディションは良い。釣れそうだ。

開始早々、テトラ際をミノーを引いているとヒット!
途中、巻いていたハンドルが軽くなったから、フックアウトしたのかと思ったら、しっかり掛かっていた。

強い引きが心地良い。


60センチ。TKLMのイワシカラーで。

しかし、後が続かない。

先端を見ると、テレビカメラを持っている人が居てアングラーを移していたから、何か釣り番組のロケだろうか?
その方は釣れているのだろうか?

潮位はかなり引いてきた。
小さいルアーをリトリーブしていると、たまにバイトがある。

そして、小さいのがヒット。
小さいけど、秋の引きだ。

どちらももらい物のアスリート7Sだが、なかなか悪くは無い。

そして、今度はガツっと、大きなアタリが来た!
次の瞬間、ギュイーンとラインを出していく。
ドラグは結構硬く調整したのだが、なんと凄まじい引きだろう。

魚が止まった所で、今度はこちらがハンドルを巻く。
一気に手前5メーター位(わかんないけど)まで寄せた。

しかし気になるのは、ルアーが小さくその為フックも小さいので、フックアウトするのではと頭を過ぎった。
思い出したように魚は、ジーっとラインを出していく。

持ちこたえようとしたが、案の定フックアウト。

ルアーのフックを見ると、少し曲げられていて、ダブルラインの片方も切れていた。
それにリーダーを触るとザラザラだった。
いったいどれほどの魚が掛かったのだろうか。

エラ洗いをしなかったが、多分スズキであるだろう。

スプールチェンジし、再度同じコースを通してみたが、もちろん反応は無い。

この釣りをやっていると、時たま物凄い奴が掛かる。
もちろん僕の場合は偶然だが、それを獲るのはさらに難しいものだと思った。

でも、その未知の物を釣り上げるのが、釣りの最大の醍醐味なのではないか。

ええと、それで釣果の方は、なかなか厳しいものだった...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中