不完全燃焼

2006.10.16

 

冬以来、ポイントゼロなどの千葉では釣れていない。
それで、今日はポイントを何処にしようかと迷っていたが、千葉北西部へと向かった。

潮周りがいまいちだが、小さな河川でミノーをジャークしていると、シーバスがルアーをチェイスしてきた。
ルアーが回収されると「あれれ?」と言った感じでウロウロして、どこかへ消えてしまう。
一応、ルアーを見ているみたいだが、その魚は結局獲れず、オープンエリアに場所を変える。

水面には、エイの群れの他、カレイも泳いでいる。
そのカレイを網で掬っている人達もいて、結構大きめなカレイも獲れていた。


コイツを釣らないように気をつけねば

壁際狙いで、ジャークをしつこく連続していると、下から茶色い魚影が見えた。

茶色?

しかし、あまり反応が無いので、その魚影はカレイだったのかも知れない。

一応、小さなベイトフィッシュは確認できたが、透明な水面を見る限り、スズキが付いているとは思えない。
ポイントをまた河川に変える。

やはり川の方が流れがあり、ボラなども跳ねている。
まずはその河川際をテクトロをして歩いていたらヒット!

重い引きが、ロッドに伝わってくる。
魚の体力が減ってきたところで、ランディング。


60センチ後半。ラパラCD9。

なかなかのサイズだが、狙って獲った魚では無いのであまり嬉しくは無い。

そこで、テクトロからキャストに変えるが、バイトはあるもののヒットはしない。

いくらか粘ったが、腹が減ってきたので撤収することにした。

ここは、こんなもんじゃないんだけどなあ...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中