闇の中で

2006.11.6

 

シーバスのシーズンにしては、どうも腑に落ちない。
前回の釣行で、見事スカを喰らってしまっていたからだ。

しかも、僕の仲間らは木更津沖で、90尾という爆釣をたたき出している。
数はどうであれ、やはり秋のシーズンともあれば、型が欲しいところだ。

今日は大潮。
しかも、久々に暖かい南風が吹いた。

今日は僕にとっての、ラストチャンスかも知れない。

ポイントは、荒川河口と迷ったが、そこは今日は僕の先輩が行っているはずだ。
ならば、前回スカを喰らった、千葉北西部に足を伸ばした。

ポイントは、南の風といい、案の定見るからに魚が着いていそうだった。
早速、テトラポットに乗る。

テトラ際にバンバン波が当たっているので、ベイトを待ち伏せている魚が居るはずだ。
その際にバイブレーションをキャストする。

ビクっと言う反応。
おお、居てくれたか!

そして、次のキャストで乗ったが、途中でフックアウト。
だが幸先良いスタートだ。

逆から叩いてみる。

水面の中にテトラが敷き詰められているので、魚はその穴の中に隠れている。
そして、その穴の上を通ると、バイトが出る。

ガシっとヒット!

なかなか良いファイトだ。
しかし、アワセを入れたつもりだったが、目の前でエラ洗いされ、痛恨のフックアウト。

それで、次は下から食い上げて来たところを、しっかりキャッチ。


レンジバイブで50クラス

その後、ここではバラシまくった。

このレンジバイブのイワシカラーによくヒットしてくれたが、ことごとくフックアウトされる。
PEラインは、僕にとってはバラしやすい。

しかも、満潮時に南の風だと、頭からしぶきをかぶる。
あきらめてポイントを変える。

ゴロタ場も、大体同じように反応があった。


ブーツ90で

ちなみにブーツ90だが、固定重心ではあるが良く飛んでくれる。
しかし、ストラクチャー攻めをやっていて南風だから、テトラにラインが絡まることがある。

トラブル回避の為、ナイロンラインを巻いたスプールにチェンジする。


X-RAP8で

まあ、ナイロン、PE関係なく、バラし多い。
その分、魚は着いてはいるが、50前後とあまり大きな魚は居ないようだ。

また、ポイントを変える。
いい加減潮も引いてきたので、これがラストチャンスかなと、堤防の先端まで行く。

足元を見ると、高さが感じられ、相応潮が引いてしまった事がわかる。

ん?よく見ると、足下で小魚がピチャピチャと跳ねているのが分かる。

これは、もしやすると...。

南風が、さらに強くなりだした。
空を見上げると、分厚い雲が、満月を隠している。

多分普通の人は、こんな真っ暗な海を目の前にしたら、多分怖いのでは無いか。
僕は(というか多くのシーバスアングラーは)、その辺は麻痺しているのだろう。

そんな足場が高く、向かい風も強い所では、使うルアーも限られてくる。
だいたい、僕がそういう時投げるのが、バイブレーションか、ヨレヨレか、気合のCD9だ。

スナップにバイブレーションを付けて、流れのある沖目にキャストし、底を取る。
ゆっくり目にリトリーブするとググっと何かが当たった。

ルアーを回収しフックを見ると、藻みたいなものが付いていた。
なんだ、魚ではないのか。
かなり、潮が引いているため、底を擦っているらしい。

今度は、着水後すぐにリトリーブを開始する。

乗った!

大した、魚ではないのか、優々に足元まで寄せることが出来た。
60くらいか?と油断していると、ドラグは唸りを上げだした。

足下の水面まではかなり高い為、魚を確認できない。
とりあえず、ラインを出されるまま、魚を疲れさせる事を考えた。

ジリジリとラインを出され、また巻き取り、ロッドをさばきながら、魚を弱らせる。

僕は、出来るだけ水面に近くなるよう、両膝を地面に付け、ランディング態勢に入る。

魚の頭とルアーが見えた!
すかさず、ネットを水面に下ろし、そこに魚の頭から誘導した。

入ったか?
僕は恐る恐る、ネットを手繰り寄せる。

しかし、途中で魚が暴れだし、それで勢い欲引き上げたら、網の柄がバキっ!と言う音を立てて折れてしまった。

まあ、何とか魚は獲れた。


マールアミーゴで78センチ。

最後の最後で獲れたから、良かった。
少し、安堵感が出てきた。

また、同じようにバイブレーションでヒットしたが、ネットが破損していた為、抜き上げるか迷っていたら外れてしまった。
今日は、多くの魚をバラしまくったな。

改めて、水面を見ていると、いたるところでボイルがある。
大型のスズキが、2匹で水面を割っていて、その前を小魚がパラパラと跳ねている。

最初は、そのボシャボシャと跳ねているのがボラだと思ったが、ボラにしては飛び出し方が違う。
暗がりで何ともいえないが、凄い光景だった。

リアルベイトには敵わないのか、僕のルアーには見向きもせず、シーバスはどこかへ消えたしまった。

僕は闇の中に消えていくスズキに、感謝せざるを得なかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中