木更津ナイト

2006.12.16

 

忙しかった時期も一段落し、僕らは毎年恒例の釣り収めに出かけた。
朝方4時に東京から湾岸で、千葉の内房へと向かった。

ここは気合で千倉まで行こうかと思ったが、いくらなんでも遠いかなと、館山の少し手前まで行くことにした。

しかし一番の問題は、今年は(毎年そうだが)あまり遠征をしていない。
結局冬の湾奥が厳しいから、房総半島や三浦半島まで足を伸ばすのだが、まずポイントが分からない。
こういうのは、年に1、2度ではなく、回数をこなしてポイントに通いつめなくてはならない。
遠征は難しいのだ。

でも、実際は釣果云々よりも、折角遠くまで来るのだからロケーションが第一にしたい。
ロケーションのよさと釣果は、僕の中で比例することはあまり無い。

とにかく房総半島には、漁港や海岸が沢山あるから、適当にラン&ガンする。


朝マズ目の磯場


のこぎり山が美しいテトラ地帯

さすがに朝早くて疲れたので堤防に座ると、同時に睡魔が襲ってきた。
ゴロンと寝転がり空を見上げた。

雲がゆっくり流れていて、たまにカモメやトンビが飛んでいく。
僕は気持ちよくなって、少しまどろんだ。

4、5年前に始めたシーバッシング。
やり始めた頃は、なかなか釣れなかったので、大体において餌釣りをしていた。

真冬の大晦日にみんなで集まり、わざわざ健康ランドに泊り、年を越してまで釣りをしていた。
今から考えると馬鹿みたいだが、その頃はその頃で楽しかったのだ。


水の色が違う館山の方まで足を伸ばした


肝心のシーバスは釣れなかったけど、仲間は何か変な物を釣っていた

やり始めた頃から比べれば、少しは変化していると思うが(あたりまえだ)、結局やっていることは同じなのだ。

来年は、少し違ったアプローチが出来ればと思っている。
(確か去年もそう思っていた気がするけど)


最後は木更津でラストキャスト

夜明けから日没まで、竿を降り続けていた。
途中でかなり眠くなってきたが、もしかしたらと言う思いでひたすらリールを巻き続けた。

木更津の店で海鮮焼きを食べて、僕らは東京へ帰った。

今年は、少し早い釣り収めだったな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中