暖冬

2007.1.31

 

今年は暖冬なのか、1月だと言うのに春らしい天気が多い。
今日もそんな感じであったから、「もしや」と少し期待して荒川河口へと出かけた。

現場に着き、メンテナンスから帰ってきたリールを試す。
さすがに滑らかになっている。
去年の暮れに、折ってしまったネットの柄も新しく新調した。

後は、そこに魚が居てくれるだけだ。

実は、今年になってからここに初釣行したのだが、あまりにも閑散としていた為、あっけなく撤収してしまった。
しかし、今日はその日とは明らかに違う。
それは南風だ。

僕はすかさずタックルをセットし、ポイントに立った。
もちろんすぐには反応を得られるわけではない。
いくつかポイントを変えていく。

ちょうど日が暮れた時、ファーストコンタクトがあった。
下からモワっという、柔らかいバイトがあった。
目先で、魚体が反転するのが見えた。


K-tenリップレスで

まったく力が無い50センチサイズだが、とても綺麗な魚だ。
約2ヶ月ぶりのシーバス(ん?3ヶ月ぶりか?)。

しかし後が続かず、やはり個体数が少ないのは否めない。
ポイントをずらしていく。

月が煌々としていた為、ルアーはどちらかというとナチュラル系を使っていた。
レンジも細かく刻んでいたが、ストラクチャー際で1度だけバイトがあっただけだ。
しかし、そのバイトを頼って、しつこく攻めたがやはりヒットには繋がらない。

最後は、やはり信じるルアーをキャストすると、一撃でヒットした!
ドラグを鳴らしてラインを出していくから、まあまあのサイズだ。


ルアーはグース125f

71センチあったが、産卵後なのか痩せていた。

今年の釣りも、無事スタートすることが出来た。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中