満ち潮

2007.2.8

 

千葉北西部に釣行。
夕マズメから釣りを始めた。

まだ潮が見落ちていない河口では、マルタが沢山群れていたが、肝心のシーバスは反応が無い。
ここ数日の暖かさで、少し期待をしていたが、やはりそう甘くはなさそうだ。

ポイントゼロ側に移動する。
平日なのに、アングラーが数名居るのは、やはり気温のせいかもしれない。
彼らとは逆側に立ち、キャストする。

最初は際を狙うが反応が無く、沖にキャストする。
すると、リトリーブが急に重くなった。ヒット!
首を左右に振っていて、水中で暴れている。


60有るか無いか。ルアーはブーツ90。

2本のフックが、口の両側にフッキングしていたので、エラ洗いなんかでは取れないのだ。


立て続けに40くらい

どんどん行くかと思ったが、水面直下ではバイトがでず、ラパラCD9で潜らせるが反応が得られない。
仕方なく、場所をサーフ部に移動する。
徐々に潮が満ちてきたが、まだまだ水位は低い。
少し立ち込んでキャストする。

しかし、カチャンと言う金属音と共に、リトリーブが空回りしている。
一瞬何がどうなっているのか分からなかったが、リールを良く見ると異常が発生しているのが分かった。


なんという事だ


ラインローラーが、ネジ共々落ちて無くなっているではないか!
リールが無くては釣りにならない。
慌ててライトを点けて足元を探したけど、部品は潮に流されてしまったらしい。

潮が満ちてきてこれからだと言う時に、なんともショックだ。
どうも砂浜にいたっては多事多難だ。

まだメンテナンスから挙がってきて、2回しか使っていないのになあ。ブツブツ。
一応、気をつけてはいたが、もっと万全なチェックをしていれば良かった。

あきらめて撤収。

一旦家に帰って、荒川あたりでリベンジと思ったがやめといた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中