シチュエーション

2007.3.10

 

単にシーバス釣りと言っても、いろいろなスタイルがある。
中でも特にこんなスタイルで釣ってみたいなと思う一つが、日中でのサーフで立ち込んでの釣りだった。

新しいことを始めるとゾクゾクするのだ。

仲間2人と千葉のサーフへ釣行した。
上げ潮2、3分といった所で、何とも心地良い南風が吹いていた。

そんな中で、水の中にウェーダーを履いて立ち込んで、ルアーを投げているだけでも気持ちが良い。
状況的にはまだまだ穏やかな昼下がりと言った感じだ。

風が吹いている為、波の立ち方を見て良さそうなところを叩いていく。
感じとしては釣れそうな感じだが、魚は入ってきているだろうか?

そう思いながら、ルアーをフルキャストを繰り返していると、仲間がヒット!と叫んだ。
結構でかそうだ!
ロッドは良い感じにしなっていたが、途中でフックアウトしてしまった。残念!

しかし、これで魚が入っていることが分かった。
なんだかワクワクしてきぜ。

仲間はシンキングペンシルを使用していたが、僕はミノーにチェンジした。
完全にベイトパターンだ。

そして、その直後にこちらもヒット!
楽しい!

こんな明るい時間でしかもオープンエリアでのやり取りなので、とても開放感があるのだ。
浅瀬に魚をズリ上げてランディング。


小さいけど楽しさは大きい


ルアーはTKLM

なんだか、このスタイルは病み付きになりそうだ。
横に移動しながら、ローリングベイトで1尾バラして、またTKLMでもう一本追加。


今度は少しサイズアップ

仲間は、結構魚を掛けまくっていたが、バラシが多発してしまった。
夕マズメは、デジタルカメラでヒットシーンを動画でとれるくらい活性が高かった。

その後雨が降り、少しブレイクタイムを入れナイトゲームに移る。
しかし日中と比べ、風の方向が変わったのか、いまいち反応が得られない。


ラパラのCDとX-Rapで

後半戦はいまいち良くなかったが、仲間はきっちりスズキクラスを獲っていた。
久々にクタクタになるまで釣りをしてしまった。

シチュエーションを変えると、さらにシーバッシングは面白くなる。
もちろんそれは、魚とのコンタクトがあってのものなのだが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中