友人に会いに行く(御在所岳)

2007.3.24
三重県鈴鹿連峰にある御在所岳(1210m)に遠征登山に行った。

天気予報では土日曜日とも荒れ模様だとの事だったので、せめて午前中だけは雨は降って欲しくなかった。
仕事を終えその日の深夜から、特急ながらに乗り込む。
朝方に名古屋に着いて、窮屈な座席でガチガチになった体で、在来線から近鉄湯ノ山線に乗り換える。

湯ノ山温泉というところで降りて、そこからタクシーで登山口付近の温泉街まで行く。
真新しいホテルや旅館などの建物と、もう前に営業をストップしてすでに廃墟と化している建物が、織り交ぜになっている。
オフシーズンの為か、或いは朝早いせいもあるのか、この温泉街はとても閑散としている様に見えた。
なかなかシーズンで無いと、ここまでお客を呼ぶのは難しいのであろう。


山頂までのロープウェイ乗り場がある


廃墟マニアの方にはたまらないだろう

登山口までは車道を歩いていく。

結構登った所に、やっと登山口があった。
この時点では曇っていたが、まだ雨が降る気配はなさそうだ。

石灰石だろうか、白い岩を削ったような道を登っていく。
予定では昼前に登頂だ。

ロープウェイを使えば、あっという間に山頂に着いてしまうのだが、それでは意味が無い。
もちろんまだ朝が早いので、ロープウェイも動いていない。

なぜ三重の山に登ろうという事になったのは、実は旅の帰り際に名古屋の友達に会いに行くからだ。
友達に会いに行くのがついでなのか、山登りがついでなのか、まあ都合が良かったからだ。


御在所岳。途中にロープウェイの鉄塔が見える

昨日までは全国的に良い天気であったが、この日は雲で覆われていた。
天気が良いと伊勢湾や琵琶湖が見えるらしいが、それすら見えない。
あまりすっきりしない空の下を、山頂目指して登っていく。

所々に大きな岩が立ちはだかる。
少し瑞垣山の様にみえるが、この近辺もロッククライミングとして有名ポイントらしい。


鎌ヶ岳

中間まで登った所で、やっとロープウェイが動き出した。
そのせいもあるかもしれないが、他の登山客とはすれ違わなかった。


一応キレットもある

登山準備をしている時、アイゼンを持っていくか躊躇していたが、結局持参するのはやめた。
しかし、さすがに山頂付近は雪が積もっていた。
アイゼンを装着するまでには至らなかったが、氷上の箇所もあり、三点確保で登りきる。

それなりに頂上付近はハードで、そこをクリアしてひょっこりと頂上にでた。
予定通り11時くらいに着いた。
しかし、なんだか拍子抜けしてしまった。

とても観光化されていて、歩きやすいようにコンクリートになっているし、看板にはレストランアゼリアとか何とか書いてあるし。
そりゃそうだよな、ロープウェイで登ってくるファミリー達がいるから、ちゃんと整備されていなくちゃ行けないのだ。


御在所岳山頂

景色的には曇っていてよく見えない。
この辺りはカモシカが有名らしく、残念ながら見ることが出来なかった。

山頂にはご丁寧に食堂まであったが、僕らはお湯を沸かしインスタントラーメンを食べる。
気温が寒ければ寒いほど美味いのだ。
しかし、折角下界で買ってザックに詰め込んだジュースも、ここではあまり値段も高くなく売っていたのは残念だった。


よく見るとロッククライマーがいる

下山5合目くらいで小雨が降ってきた。
「止め!」と言ったら少し止んだが、また降ってきた。

登っている時に降ってこなかったから、運が良かったのかもしれない。
岩場が緩やかになったところで、僕はレインウェアでなく傘を差した。

豪快な岩壁が聳え立っていて、それに挑むクライマー達も何人かすれ違った。
雨の日は危険では無かろうか。

途中道を少し外し、登山中に命を落とした人たちの碑みたいなものが沢山あった。
自然を相手にする事は、すでに死と隣り合わせだという事を感じさせられた。

同じ山でもいろいろなアプローチの仕方によって、その山の感じ方も変わるのであろう。

ロープウェイで登る、一般登山ルートで登る、ロッククライミングのルートで登る。
登り方は様々だ。

もうほとんど登山終了付近に来て、いまいち道が分からなくなってしまった。
同じように迷っているのだろうか、地図を見ている僕らと同世代位の登山客に相棒が声を掛けてみた。
彼もよく分からないみたいで、共に散策してみた。

いろいろ迷って、結局少し後戻りし、元の場所で下山ルートを見つけた。
何か目印とか看板を立ててくれるとかしないと、ほとんど見逃してしまうほど分かりづらい場所だった。
道なりに歩くとスタート地点の温泉街に着いた。

話をすると、彼は結構山好きで、この辺りの山を登っているとの事だった。
名古屋市内に住んでいて、良かったら市内まで車で乗せて行ってくれると言ってくれた。

これは有り難く、僕らはお言葉に甘えることにした。
車の中で名古屋の事や山話をして、駅前で別れた。感謝。

一年ぶりに友達と再会し、それから3人で市内に繰り出した。
どうせ名古屋に来たのだから、名古屋名物をたらふく食べたいなと、メジャーな場所に行く。
名古屋の人はどうも味の濃いものが好みのようだ。

それでいつものように馬鹿話で盛り上がり、深夜の特急で東京へと帰った。
体はヘトヘトでガチガチになっちまった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中