家に帰りたい

2007.4.17

 

雷が一発鳴った。
何かタダナラヌ雰囲気だが、下げから出撃した。

新木場周辺に着くと雨は次第に強くなってきた。

少し着込んできたが、北風が強く何だか冬に逆戻りしたかの様に寒い。
おまけに低気圧の分厚い雲。
よくもまあこんな悪天候な日に、釣りに行くよなあと思ってしまう。
しかし、大潮という響きが僕を海に向かわせる。

川沿いは、風の影響で少し荒れ気味だ。
それ程濁りが入っているわけではなく、幾分透明感がある。
ここはどうも反応が無いので、風裏ポイントに移動。

雨は強まったり弱ったりだ。
雨が叩く凪状の水面に、たまにポツン、ポツンと波紋が出る。
ボラか何かだろうか。

しかし、ここは前に魚を掛けたポイントで、実績がある。
ルアーをBoots90にセット。
潮位が高いので、柵があっても泳がせやすい。

ヒット!

やはりシーバスだったか。


Boots90で55くらいかな

水面はさらにざわついている。
たまに中型のボラもジャンプする。

ここのポイントは、ストラクチャーと下水みたいな流れ込みがあるから、ベイトが溜まりやすい。
ルアーをヨレヨレに替えて、ストラクチャー周りをトレース。
ブルっとバイトが出てが、その後ルアーには反応が無かった。

そうこうしている内に、寒さで体が冷え切ってしまった。
ルアーを替えるのにも、手がかじかんで一苦労する。

最後の風表ポイントは、北風が吹き荒れている。
それに増して雨も落ちてくる。
水面は幾分透明度がある。魚は沈んでるのか?

それにしても寒い。もうやめろという事なのか。

しかしここでバイトが出てしまうからやめられない。
何とかそれを出したいのだけど、それから反応が無い。

寒さでモチベーションも下がりっぱなしだ。
暖かい物が恋しい。うどんとか。
何だか家に帰りたくなってきたなあ。

あきらめて撤収を考えた。
最後に信じるルアーのラパラのCD7をセット。
これで最後に釣れたら...と考えるだけ無駄か。

でも、これがヒットしてしまうのだ。
ちょうどストラクチャー際で出た。

ジリジリとドラグを鳴らしてくれる。
そしてランディングした時は、少し足が震えてしまった。


太めの64センチ


CD7は魚が居るレンジまで潜ってくれるからありがたい

リリースしてすかさず撤収した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中