信仰の山(相馬山)

2007.5.12

榛名山の外輪山である相馬山(1411m)に登って来た。

標高1000メートルの天神峠からトレッキングをスタートする。
この時期はちょうど新緑の季節で、ダケカンバの林を抜けていく。

木で出来た階段をアップダウンして、氷室山や天目山を越えていく。
榛名山は火山の山で、ちょうど榛名湖を囲むように山脈が連なる。
だから、常に榛名湖が林の隙間から、見下ろすことが出来る。


榛名湖

途中の高台で、この榛名湖を見ながら、バーナーで焼き鳥を焼いてビールを飲んでいる方が居た。
なんだかとても贅沢な事をしているなあと思ってしまうが、この山は山岳信仰が盛んな山であるのだ。
相馬山に近づくにつれ、そういった石碑が見られるのだ。

七曲峠、松の沢峠などで、山道から一般道を横切る。
この榛名湖一体がレジャーランドとなっていて、ワインディングロードを車やバイクが多い。
この日は天候が良かった為、ドライブも悪くないかもしれない。


相馬山

目指している相馬山が大きく見えてきた。
神を祭っているだけあって、なんだか神々しい感じのする山容だ。

信仰の山だけあて、そう軽々しくは登らせてくれない。
長い石段やハシゴが行き手を遮る。

とは言うものの、やはり甲信越の山々と比べると(比べてはいけないが)豪快差に掛ける。
急峻な岩場の脇にも石碑などが目立つ。

頂上には神社があり、またこの周りにも石造などがあった。
残念ながら、長野県側は眺望できないが、群馬市内を見下ろすことは出来る。
尾根からは、雪を被った浅間山や谷川岳などの、三国山脈が見えていたのだが。

その狭い頂上で一休みしていると、急勾配から一匹の犬を連れた人が登頂してきた。
飼い主は神社で参拝をしているのだが、犬はもうクタクタに疲れたみたいで、地べたにダラ~と寝そべってしまった。

僕が水を飲んだり携帯食を食べたりしていると、犬はスッと立ち上がりこちらを向いてよだれを垂らした。
それから飼い主が参拝を終えて、手綱を引っ張るようにそそくさと下山してしまった。

ヤセオネ峠へ下山し、それから伊香保温泉まで行く。
そこから少し行くと、道の両側にうどん屋が沢山ある。
日本三代うどんの水沢うどんで、その中の一軒に入りうどんをすすった。

東京の街へ着くと、何だか人間が異様に沢山いるなと感じた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中