ダラ潮

2007.10.4

 

何だか10月にもなって暑い日だった。
いい加減シーズン開幕だろうかと、風も無くまったりとした千葉北西部に釣行。

川筋を除くと、まん丸顔の巨大なボラの後ろに、シーバスの群れがくっ付いて泳いでいるのが見えた。
コイツにルアーを投げてみるが、もちろん反応などしてくれわけ無い。
しかし、ベイトとなる小魚も沢山いるようだし、魚が着いていることは間違いない。

早速、テトラ脇をジャークで攻めてみる。
ここでガツっと来ないかなと思っていると、2投目にヒット!


X-rap10で50後半くらいだな

これはなかなか幸先良いスタートだ。
立て続けに、ローリングベイトにチェンジし、ストラクチャー周りをトレース。
するとルアーの後ろに、まるで匂いをかぐかのようにシーバスがピッタシとくっ付いてきた。
すかさずキャストし、案の定ヒットしたがコレはフックアウト。
なんのなんの!としつこく魚を掛ける。


CD7で


ローリングベイトでサイズダウン

何回かバラして移動。
暗くなってきたのでヘッドライトを出そうとしたが、これが見つからない。
迂闊にもヘッドライトを忘れてしまった。
どうする俺!

仕方なくそのまま続ける事にしたが、ランディング時はちょっとキツイかもしれない。
と思ったが、その心配はなく掛かったフッコはみんなフックアウト。
と言うか、小さいから全てオートリリースした。

また最初の場所に戻り数匹掛けて終了。


Boots90で


またラパラCD7で

残念ながらスズキサイズは出なかったが、これは潮周りのせいにしておこう。
潮が引いたりしないと、どこで切り上げていいから分からないので、ついダラダラとやってしまうのは困ったものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中