夜はしょっぱい

2007.11.8

 

シーズンも最終戦に迫ってきた。
そこで、ラインを新しい物に巻き替え、ロストしたルアーもしっかりと揃えておく。
ラインはダブルラインにし、その先にフィッシャーマンズノットでリーダーを結ぶ。
ヘッドライトの電池も確認しておく。
フックもしっかりとチェックしておく。準備万端だ。
僕は、そそくさとホームである千葉北西部に向かった。

まずは川の流れが当たる、河口部を一通りチェックする。
ちょうど満潮時で、ベイトか何かが跳ねている感じだ。
選んだルアーは、ジャークベイトミノーだ。
まだ日があるうちは、極力使うようにしている。

そして一投目に、来た!
前にも同じパターンであったので、予想していた通りだった。


40センチくらい

ジャークしていると、いきなり重くなるのが面白い。
やはりルアーフィッシングの面白いところは、リールを巻いているときにガツっと来るのが醍醐味なのだ。

そして次もジャーキングでヒット。
波が穏やかなので、ハンドランディングでキャッチする。
流れとテトラが絡み合うところに、ヒットポイントがある。


立て続けにX-rap10のジャークで

50センチ台半ば位だが、結構な引き味だ。
あまりジャークを執拗にやっていたので、さすがに反応が無くなった。

ルアーをバイブレーションにチェンジする。


レンジバイブでサイズダウン

ネチネチと小物を狙っていくが、反応が遠のいてくる。
ルアーをローリングベイトに替えると、再びヒットするがランディング時にバラす。
すると、後ろで見ていた自転車のおっさんが「ルアーを替えるとヒットするなあ」と一言。
話では、小さいイワシが入ってきているらしく、昨日も沢山釣れてランカーサイズも出ているみたいだ。

凝りもせず執拗にルアーをキャストすると、また自転車のおっさんが「釣れたかあ?」と一言。
ううむ。先程のおっさんと似ているけど、よく見ると別人だろう。
この辺りは、自転車のおっさんが沢山居るのだ。

暗くなり、ポイントをゼロ側に移す。
しかし、反応がまるっきり無い。イワシは何処言ったのだ?

結局、ナイトゲームではバイトすら得られず、寂寞した海を後にした。
正直、もう少しサイズが欲しいのは言うまでも無い...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中