修復

2008.2.18

 

前回の釣行で竿のティップ部が折れてしまった。
この折れた竿の部分だけを購入となると、パーツ扱いとなるため割引が一切効かない。
となると、まるまる新しい竿との値段はたいして変わらないのだ。

その事をAr氏に話したら、3センチくらいなら直せると言うので、早速某釣具店でティップガイドを600円で買ってきた。
化学反応系接着剤でくっ付けてみたら、意外と綺麗にがっしりと仕上がった。

約0.1フィート短くなったロッドを引っさげ、近くの荒川河口へと釣行。

珍しく南からの風が吹いているし、なかなか水の色も良い感じだ。
沖の方へCD7を投げてリトリーブしているとヒット。

小ぶりながら最初の一尾は嬉しい。
がその後は音沙汰が無い。

何度か根がかりさせロッドを癪ってみたが、これといって不具合には感じなかった。

とにかく早く暖かくならないかね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中