運河筋2

2008.3.17

 

前回、反応があったが獲れなかった運河筋に釣行。
と、その前に、もう一箇所気になる場所へ行ってみた。
しかしヘドロを取っている作業船が、轟々と音を立てていたので踵を返すしかなかった。

本命のポイントは、かなり潮が引いていた。
前回水があった場所に水が無いのだ。
いや、まてよ。
水が無ければ、これはそこに降りて、思いっきりブレイクラインが狙えるという事だ。

かなり潮が引いているが、風と潮がシンクロしていてなかなか悪くない。
ルアーを思いっきり飛ばせば、対岸辺りまで届きそうだ。

まだ日が残る時間帯なので、最初はルアーにアクションを付けてリトリーブする。
いろいろやるが、反応が無い。
やはりちょっと引き過ぎなのだろうか?

駄目もとでラパラCD7の早巻きで、流心を攻めると重くなった。

なかなか重い引きだったが50クラス。
なんだ、居るではないか。

同じようにローリングベイトで50半ばがヒット。

その後はいろいろ探ったが、この2本で終わってしまった。

少し移動して、港湾部で1本。


バースで

今日は南風が強い。
南風が効いている運河に、またまた移動。

殆どド干潮だが、南風が好い感じに水面を押していた。
川の中心あたりの潮目まで届けと、バースをフルキャスト。

ゴゴっとリトリーブが重くなった。
なかなか強い引きだが、上げてみたら60いくかいかないかのクラスであった。




ルアーをTKLMにチェンジしたら、これが目の前で根掛かってしまった。
足元をライトで照らすと、手前は意外と浅い。
よーしこうなれば、必殺!ナチュラルウェーディングだと水の中に浸かりルアーを回収する。
一応長靴を履いているが、もちろんそんな物は意味が無い。
すぐさま足元が冷たくなるかなと思いきや、以外や以外で温い。
今日は寒いだろうと冬の格好をしてきたのだが、水の中の方が全然暖かい感じだ。

フナムシも沢山蠢いていたし、文字通り春なのだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中