束の間の

2008.4.12

 

前日は、仕事が終わって家で少しくつろいでから旧江戸川を偵察。
先日の雨のせいだろうか、夜でも濁りがきついのが分かる。

手前は幾分シャローに成っているのか流れが感じられず、やはり流れがあるところはそれよりかなり先の方だった。
遠投して、流れがあるヨレが出ている所にルアーを落とすと、反応があった。
PEラインは感度が良いので、引き味は心地良い。


バースで、50後半くらい

近くで釣りをしていたアングラーが「ああ、居るんですね」と寄って来た。
少し優越感を感じたが、まあまぐれだな。

足元を見るとニョロニョロと泳いでいる物がいた。
網で掬ってみたら、やはりトリッキーバチだった。

しかしこのバチというヤツは、何と脆いヤツなんだろうか。
手で触っただけで、トロっと溶けるように切れてしまう。
それはまるで、カップめんを作ったのを忘れてしまい、10分間放置してしまった麺の様だ。
ううむ、不思議な生物だ。

次第に眠くなって、欠伸が止まらなくなり撤収。

次の日は、久々に暖かい好天に恵まれた。
旧江戸川を廻ろうとしたが、何故か浦安まで来てしまった。
上げ潮勝負で、浦安でやる事にする。

川の水が注すエリアは、まだ川の濁りがキツイ。
一応スプーンなどで探ってみるが反応が出ない。

それで、濁りの無い箇所を探す。
南風が幾分強いが、まあ釣りが出来ない程ではない。
この辺りは、シーバスをやり始めた時に結構来た場所だった。
意外と、と言うか結構上げ潮が効いているのか、流れも勢いがあった。
水の色はす透き通っていたので、ミノーのファーストリトリーブ&ツイッチを織り交ぜるとガツっとバイトがあった。
(たまに、PEラインでやると思わずクセで大きくあわせてしまう)
更に、どうだどうだとツイッチをやると小さいのが乗った。


アイルマグネットで

この辺りは潮流があるのか、ワカメが沢山生息している。
あまり深く潜るルアーを通すと、ワカメが引っかかってくる。

そしてまた少し移動。
多少の南風と潮流があって好い感じなのだが、広すぎて何処を狙って良いのか分からない。
そういう時は、壁際やテトラ際を引いてやると反応が得られたりする。


CD9チューンで

CD9チューンと言っても、リップが折れたCD9に適当にプラ版をくっ付けたものだ。
泳ぎはキビキビというよりもユラユラと言う感じだ。

やはり際で反応があり、バイトや抜き上げ時にパシュっと食ってきたりする。


Bootsで55くらい(ワカメ付き)

Bootsというルアーも面白い。
スローリトリーブだと、トップウォーターみたいに引き波を立てて泳ぎ、少し速めにリトリーブするとシャローを泳いでくれる。
水面が穏やかな時は、引き波を立ててやると面白いかもしれない。

少し場所をずらすと反応がなくなる。
見た目にその違いは光量があるか無いかの違いだが、よく分からない。

また同じところでやるとバイトが出る。
フックアウトやバイトが乗せきれず、PEラインは面白いがやはりキャッチ率が下がるのは腕のせいかもしれない。

いずれにしてもそこで魚を釣るには、そのポイントに通いこむ事だろうか?
夜遅くは雨が降り出したので、束の間の晴れだった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中