初夏

2008.5.23

 

まだ入梅前の午後の好天気は、少し夏を思わせる気温の上がり方だった。
南風とこの気温なので、ポイントは案の定灰色に濁っていた。

シーバスを始めた頃に良く通っていた浦安エリアに、最近なかなか悪くないポイントを発見した。
発見したと言うか、ただ気付かなかっただけだ。
このポイントは根回りに海藻があるので、少しでも沈めるとそれが絡み付いてくる。

日中で水面が透き通っていても、ルアーをファーストリトリーブすれば喰ってくる時がある。
しかし、今回はかなり濁りがきつかった。
暗くなる寸前から始めて、満潮まで2時間くらいの勝負だった。

とりあえず沖目に目いっぱいシャローミノーを遠投する。濁り方から見て、リトリーブスピードをどれくらいの速さで巻けばいいのか悩みどころだ。

見事にアタリが無いので、目の前のテトラが崩れているストラクチャーにトレースしてみる。
すると抜き上げ時に、セイゴクラスが顔を覗かせた。
もう一度通すとヒット。そしてフックアウト。
なんだ、結局ストラクチャーに着いていたのか。

上げ潮の流れと、風がシンクロしていて、ダウンクロスでテトラ際を通す。
ゴミも一緒に流れているので、ルアーを泳がせるのも一苦労だ。

型は小さいが、すばしっこくて気力横溢と言った感じだ。
ダウンクロスでしか反応が出にくいのか、バチ抜けという感じではなかった。

レンジのせいだと思うが、持ってきたルアーではTKLMに軍配があがった。
執拗に攻めてもあまり大きな魚は出ず、フッコサイズの群が着いていたのだろう。

何だか沢山喰って来たが、型は望めそうになく移動する。
風が強くなったので風裏にポイントをずらすが、潮どまりなのか反応が得られなかった。

せめてスズキサイズが欲しい所だったが、まあこんなものか...。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中